« 鋸山へ | トップページ | ちょいと陣馬山 »

スイセンロード周遊

鋸山の後は、水仙ロードへ。

2020012131

保田駅から一駅乗って安房勝山駅で下車。

2020012133

川沿いを歩きます。植えられているのは桜の木かな。

2020012132

水仙がちらほら。でも、花付きがあまり良くない雰囲気。

2020012134

黄色の水仙は植えられたものかな。

2020012135

先へ進むと早咲きの桜でしょうけど、すでにちらほらと咲いている木が。
周りは屋根にブルーシートが掛けられている家も多く、気分も重いです。

2020012136

先へ進むと少し花付きの良い所もわずかにありました。

2020012137

かなり風化していますが、四面の地蔵もありました。

2020012138

峠に向かいます。

2020012139

峠近くも水仙は、ちらほらな感じ。

2020012140

峠から下って江月スイセンロードに入りますが、こちらもそんなに多くはない感じ。

2020012141

まあ去年の台風の影響なのか、今年は裏年みたいな雰囲気ですね。
蕾もあって、この先に咲く可能性もありますけどね。

2020012142

まあまあ、控えめな感じでも、それでもやはり春の雰囲気は悪くなかったです。

2020012143

最後はばんやで一杯。こちらも被災したようで、建物の一部がやられていました。
時間が遅いので、そんなに待たされずに入れましたが、それなりに座席は埋まっていました。
今回は寿司で攻めてみたら、アジ寿司(数量に限りがあるみたいです。)がネタが大きい上に新鮮さ抜群でした。
保田駅まで歩いて帰りました。

 

« 鋸山へ | トップページ | ちょいと陣馬山 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

今年は暖冬ですが、立春前でも房総は一足先に春の装いですね。
安房勝山駅は木造駅舎でしょうか、旧国鉄の駅舎を思い出します。
双体の四面地蔵ですね。
先日歩いた小山田の里道でも似たような地蔵を見つけました。

たまびとさん、こんにちは。

普通ならもっと咲いているのでしょうけど、今年は残念でした。
駅はあまり見なかったけど、以前からの駅舎なので、もちろん木造だと思います。

地蔵もそうですけど、このあたりはやはり昔からの里道なのでしょうね。
やはり古いものに出会えるのは嬉しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鋸山へ | トップページ | ちょいと陣馬山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ