« 亀戸七福神 | トップページ | さらに伊許山(御岳山)へ »

高館山へ

今年最初の山は栃木へ。

2020010301

今回も真岡鉄道で益子駅が歩き出し。

2020010302

しばらく道路を歩いて西明寺。やはりお正月なのでお参りの人がそれなりにいました。
石段横の石仏の柔和なお顔が印象的でした。

2020010303

三重塔や閻魔堂などがありました。中でも目を引いたのは樹齢800年と言われるコウヤマキ。周囲5.4mもあるそうです。

2020010304

裏手をしばらく登っていくと権現平。

2020010305

展望台があり、登ってみると日光連山が眺められました。

2020010306

さらに先へ進むと案内板があり、やはりこのあたりは城跡だったようです。

2020010307

きつい石段をしばらく登って進むと山頂の一角に出ます。

2020010308

一番奥にひっそりと三角点が置かれていました。

2020010309

北へ「益子の森」と書かれた方へ進みます。のんびりと雑木林の中を緩やかに下っていきます。

2020010310

だいぶ歩いて吊橋を渡り、さらに先の分岐に出ます。このあたりが益子の森。せっかくなので右に登って展望台に行ってみました。

2020010311

展望台からは広い眺め。日光連山ももちろん見えましたが、芳賀富士が目に付きました。

2020010312

分岐に戻って先へ下れば、道路に出て終了。

2020010313

しばらく道路を歩いて、せっかくなので益子焼のお店を見学。
残念ながら自分の気にいったのはそれなりの値段だったので買いませんでしたが。

2020010314

益子駅に戻って終了でした。

 

« 亀戸七福神 | トップページ | さらに伊許山(御岳山)へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀戸七福神 | トップページ | さらに伊許山(御岳山)へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ