« 大谷の観光スポット巡り | トップページ | 楢抜山から子の権現 »

唐木田駅から長池公園

1/11は唐木田駅付近をお散歩。
ようやく修理からカメラが戻ってきたので、試し撮り。

2020011101

ということで唐木田駅が歩き出し。

2020011102

ホントはよこやまの道の一部を歩くつもりだったけど、なんとなく山道が気になってそちらに歩いたら、農地などを見て進み、結局出たのは車道。車道を南に向かって歩き、山の端というバス停に出ました。小山田バス停を目指すけれど、随分歩かされました。

2020011103

やっとのことで小山田バス停。

2020011104

少し先を山に向かい、谷戸などを見ながら登っていくと里山の風景。

2020011105

病院の先を下って歩き、やがて長池公園。

2020011106

展望台からは富士が見えるらしいけれど、この日は見当たりませんでした。

2020011107

のんびりとお散歩。

2020011108

池があり、付近はお散歩の人達が多かったです。

2020011109

長池見附橋。四ツ谷見附橋を移設したものだそうです。

蓮生寺公園などを通って京王堀之内駅に出ました。

 

« 大谷の観光スポット巡り | トップページ | 楢抜山から子の権現 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

おやまあ、同じ様なところを歩いていますね。
改めて、リブルさん、今年もよろしくお願いします。
1月4日に正月の鈍った体にカツを入れようと、
唐木田から尾根幹を越え、地蔵のあった四辻の田舎道を
小山田バス停へ抜け、以前から気になっていた尾根緑道に上がって
多摩境まで歩きました。
尾根緑道は、雑木林の小径を想像していましたが、
すっかり舗装された広い道でサイクリストやランニングの人が多く
期待外れでした。


たまびとさん、こんにちは。

このあたり歩かれましたか。
自分もたまびとさんが辿った道を小山田に歩くつもりだったのですけどね。
やはり住宅やマンションが多くなって、以前のような里山の雰囲気が無くなりつつありますね。
なんとか残っている所があるのが救いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大谷の観光スポット巡り | トップページ | 楢抜山から子の権現 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ