« 多気山へ | トップページ | 唐木田駅から長池公園 »

大谷の観光スポット巡り

多気山の後は、大谷には観光スポットがありますので、いくつかを巡りました。

2020010414

まずは大谷観音。壁面に掘られた観音様は見応えが十分にありました。

2020010415

わずかに先を曲がれば平和観音。すごい大きさ。

2020010416

階段を登って近くで見るとこれまた迫力がありました。

2020010417

先には奇岩がありますが、これがスルス岩かな?

2020010418

天狗の投石は、すぐにでも転がり落ちそうな岩。さすがにロープで補強してあるみたいです。

その後は少し歩いて大谷資料館へ。

2020010419

地下へ入ると広いです。それにしても寒い!中の気温はこの日4℃と表示されていました。

2020010421

昔は手掘りだったそうですが、その後、機械に変わったそうです。右奥の壁面は機械掘りの跡かな。

2020010420

ここは普段は結婚式などのイベント用で冬場のみ公開されているらしいです。
ちょっと人がいたので、写真は上の方だけ。

2020010422

実際に随分広いのですが、それでも見学できる範囲は一部のようです。
水が溜まっている所もありましたので、水没している部分もあるようですね。

2020010423

以前は米の倉庫として使われたりしたそうで、その時にトラックが入ることができるようにしたそうです。

地下の異次元空間みたいな雰囲気で、圧倒されました。
外へ出ると暖かかったです。

2020010426

帰りのバスまで時間があったので、先まで歩いてみました。道の右手には、すごい奇岩が。

2020010424

バスで宇都宮に戻り、東武駅前のバス停で下車して少し歩くと大谷石作りの松が峰教会がありました。

2020010425

もちろん最後はさらに少し歩いて二荒山神社。たくさん人が並んでいて時間がかかりましたが、しっかりお参りしました。

再びバスで宇都宮駅に出ました。

2020010431_20200112084801

今回使った大谷観光一日乗車券。
バスのフリーチケットと大谷資料館、大谷観音の拝観券がセットになっていて、すべて見るのであればお得です。
バスの中では買えませんので、事前に購入場所をチェックしておいた方がよいかと思います。

 

« 多気山へ | トップページ | 唐木田駅から長池公園 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多気山へ | トップページ | 唐木田駅から長池公園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ