« ちょいと陣馬山 | トップページ | 生出山へ »

宝登山へ

2/1は久しぶりに宝登山を再訪。

2020020101

ちょっと時間を間違えたので、お花畑駅から直通の長瀞行きに乗りました。たくさんの人が下車。

2020020102

駅から歩き出すと植えられているロウバイがすでにきれい。

2020020103

しばらく歩いて宝登山神社でお参り。

2020020104

左手の道路が参道でした。

2020020105

登っていけばもちろんロウバイ。下部はまだ蕾が多かったようです。

2020020107

しかし上に行けば、しっかり咲いていて、良い香りが漂ってきました。(^^)

2020020106

梅でしょうか。一本だけ咲いていました。

2020020108

さらに山頂近くのロウバイ園は素晴らしい咲き方。楽しめました。

2020020110

山頂はたくさんの人が記念写真。山名板を撮るだけで精一杯でした。

2020020111

広い眺めを楽しみながら軽い昼食。

2020020109

やはりなんと言っても両神山の眺めでしょうか。

2020020112

さて、下山は長瀞アルプスに向かいます。

2020020113

木段の急下降が続いて、故障した足にはきつい下りでした。
林道に降り着いた所から以前は根小屋の方に歩いてしまったので、今回は普通に長瀞アルプスへ。

2020020114

しばらく林道を歩くと入口。

2020020115

奥武蔵らしい明るい良い雰囲気の道でした。

2020020116

途中の分岐から外れて御嶽に行ってみると石碑が置かれていました。

2020020117

分岐に戻って先へ進むと尾根を進み、やがて沢沿いの道になりますが、少し荒れ気味でした。

2020020118

静かな野上駅まで歩いて終了でした。

 

« ちょいと陣馬山 | トップページ | 生出山へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょいと陣馬山 | トップページ | 生出山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ