« 寺久保山へ | トップページ | 高幡不動から七生丘陵散歩 »

塩坂峠から大小山

寺久保山からの続きです。

2020022318

塩坂峠からしばらく登ると鳩ノ峰。古い山名板はもう読めなくなりつつある感じです。

2020022319

大きな石碑や石祠がありました。少し下でのんびり昼食。

2020022320

ちょっと間違えて左のゴルフ場に下りそうになりましたが、戻ったらしっかり尾根が別れていました。
強風が吹いて寒いこと。

2020022321

だいぶ下ってから登り返し、道標を右に行くと255.5mの三角点。

2020022322

マンサクを見に来たというおじさんに会いました。下では咲いていたけど、山はまだ咲いていなかつたそうです。
さらにアップダウンで進んで石祠のあるピークを過ぎます。

2020022323

やがて右に採石場が見えて、その近くの尾根を進みます。

2020022324

右に林道を見てさらに先へ行くと踏み跡となり、細かく曲がりながら進んで急な怪しい斜面を下ると林道でした。

2020022325

急な登り返しを頑張ると大坊山から来た時に通った越床峠に着きました。

2020022326

それにしても大小山への登りはきつい上にいくつも小ピークがあります。へたばってきました。
途中のピークで歩いてきた尾根を見ると、随分歩いたなという気がします。まただいぶ風に吹かれました。

2020022327

へろへろになりながらようやく大小山の妙義山に到着。以前にも会ったような気がする説明おじさんが山頂にいました。
寺久保山からというとそんな人はほとんどいない、ということでした。

2020022328

今回も阿夫利神社に向かいます。少し下って登り返すとこちらが実際の大小山。

2020022329

少し先へ下って左に入ってハシゴを下ります。大小の文字は今日も健在。

2020022330

男坂でも良かったのですが、前を歩くグループに追いつきそうなのと足の故障を考えて今回は女坂。
確かに男坂よりは普通の山道で下りやすかったです。男坂からの道と合流して石段の道をしばらく下れば阿夫利神社。

2020022331

道路を歩いていると梅がよく咲いていました。

2020022332

富田駅に出て終了でした。また安周りルートということで佐野駅周りで帰宅しました。

それにしても随分歩いて疲れた一日でした。

 

« 寺久保山へ | トップページ | 高幡不動から七生丘陵散歩 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺久保山へ | トップページ | 高幡不動から七生丘陵散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ