« 櫟山へ | トップページ | 草花丘陵、浅間岳 »

峯の薬師から草戸山

3/7は草戸山へ。

2020030701

橋本駅からのバスを城山高校前で下車して歩き出し。

2020030702

少し歩くと公園があって、津久井湖などがよく見えました。

2020030703

ヒカンザクラがよく咲いていました。

2020030704

ひたすら歩いていきます。タチツボスミレが咲いていて、そろそろ春の気分。

2020030705

久しぶりの峯の薬師。この日、人は少なかったです。

2020030706

眺めは悪くはありませんが、この日はどんよりでした。

2020030707

奥の院は静かでした。

2020030708

三沢峠へ向かいます。

2020030709

久しぶりの三沢峠。

2020030710

相変わらずアップダウンの急な道を草戸山。晴れてきたようです。

2020030711

先へ進んで左の道を取り、梅の木平に向かいます。降りる道は問題なかったですが、やはり下部はロープなどが張られて少し付け替えられた感じでした。

2020030712

やはり横の川はだいぶ荒れたようです。名に相応しく、梅の木がよく咲いていました。

2020030713

高尾山口駅近くまで出ましたが、時間が早かったので、高尾山に向かうことにしました。

2020030714

久しぶりのハナネコノメ。やはり何度見ても良いものですね。

2020030715

ヤマルリソウがブーケのように咲いていました。

2020030716

山頂からの眺めもぼんやりで丹沢さえ見えませんでした。

2020030717

一号路を下ります。薬王院もお参り。やはり人はそれなりにいたようでした。

 

« 櫟山へ | トップページ | 草花丘陵、浅間岳 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

多摩丘陵をほぼ歩き尽くし、次はどの辺りを歩こうかと地図を眺めていて、
津久井の城山の麓に江戸時代から続く「久保田酒造」という造り酒屋を見つけました。
しぼりたての新酒の生酒が発売になると聞き、早速、行って来ました。
小さな蔵元ですが、かつて養蚕を行っていた築180年の建物が残っていて、
手作りに近い製法で作った酒は、雑味が無くとても美味しいものでした。
その土地の歴史と風土や自然を感じられる良い蔵元でした。
リブルさんは良くあの辺りも歩いているのでご存じのことと思いますが・・・

たまびとさん、こんにちは。

そちらの酒造は知りませんでした。小さな酒造なのでしょうね。
小さくても良いお酒を売っている酒造はたくさんありますね。
なかなか土日だと休みの所も多くて直接買うのが難しい場合もありますが。

城山あたりも、いろいろ歩き回るとなかなか楽しいです。
ウィルスの影響があって、土日は難しくなりそうですが。。。

リブルさん お久しぶりです。
何だか都会は大変ですね。お見舞い申し上げます。
平成の最後に、南高尾山稜を歩きました。三沢峠の画像、懐かしく拝見しました。
山ツツジやニリンソウがきれいで、半日ですが、良い山旅でした。お時間あれば、https://4travel.jp/travelogue/11486457

ねもさん、こんにちは。

南高尾はお花もなかなか多く、いい山々ですね。
大垂水峠方面の道が去年だいぶ台風でやられたようで、公式には通行止めなようですが。

天気の良い日に家にずっといるのは苦痛ですけど、やはりここは我慢です。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 櫟山へ | トップページ | 草花丘陵、浅間岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ