« 塩坂峠から大小山 | トップページ | 櫟山へ »

高幡不動から七生丘陵散歩

2/24は高幡不動へ。

2020022401

高幡不動駅を歩き出し、久しぶりの高幡不動でお参り。

2020022402

五重塔がよい感じ。

2020022403

早咲きの桜がよく咲いていました。

2020022404

裏手を登っていき、見晴台がありました。スカイツリーもわずかに見えました。

2020022405

さらに少し歩き、高みに登ると富士山も見ることができました。

2020022406

住宅地をしばらく歩きます。途中にはハイキングコースの表示があって迷うこともありませんでした。

2020022407

ちょっとアップダウンの多い道を進みます。

2020022408

途中の分岐を右に曲がり、急降下の木段を下ります。右に池への道が別れていたので、それを下ったら、超急降下木段。手すりを掴みながらでないと下れないという、事故でもあったらあっという間に通行止になりそうな道。一気に高度を落として公園内は風が吹き抜けて寒かったです。

2020022409

特にこれというものもなく、のんびり歩いて南平駅で終了。短い散歩でした。

 

« 塩坂峠から大小山 | トップページ | 櫟山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

奥多摩の登山道回復までには、相当時間がかかりそうですね。
ワサビ田が壊滅的とのニュースを見ました。
結局、続けて多摩丘陵を歩いています。
尾根緑道は、期待外れでしたが、相原駅を中心に武田信玄が越えた
七国(ななくに)峠や御殿山峠に残る、鎌倉古街道の痕跡を探索しています。
冬木立の雑木林の小径を歩くのは気持ちの良いものです。
旧町田街道に残っている茅葺の古民家を見て歩くのもいいですよ。

たまびとさん、こんにちは。

去年の台風はやはり沢沿いが被害が大きいようですね。
奥多摩のわさびは好きですが、あまり買えなくなるのでしょうか。

七国峠などはいい雰囲気ですね。
やはり丘陵歩きは散歩にぴったりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩坂峠から大小山 | トップページ | 櫟山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ