« 高幡不動から七生丘陵散歩 | トップページ | 峯の薬師から草戸山 »

櫟山へ

急にパソコンが壊れてしまって、しばらくアップできませんでしたが、
3/1は丹沢へ。

2020030101

久しぶりに渋沢駅で下車して大倉バス停へ。菜の花がよく咲いていました。

2020030102

近くには河津桜もあり、満開できれいでした。

2020030103

西山林道を辿りますが、随分長いなぁ。ようやく二俣の先から山に取り付きますが、去年の台風の影響が残っている感じでした。
鍋割山の鍋焼きうどんは相変わらず人気のようですが、草野さんも高齢になったようで、営業も短縮して宿泊も止めたようです。

2020030104

随分登って後沢乗越。ほとんどの人は鍋割山へ向かいますが、反対の栗ノ木洞に向かいます。

2020030105

最初はちょっと尾根が細かったりします。この先、結構アップダウンがきついです。

2020030106

栗ノ木洞は樹林の中の静かなピーク。寒い山頂でした。

2020030107

しばらく下って先へ進むと櫟山。晴れていれば気持ちの良い山頂なんでしょうけど、この日はどんよりでした。
大きな松の木が何本もあるのがいい感じです。

2020030108

ちょこっと街並みが見えたくらい。少し早い昼食にしました。

2020030109
かなりの急降下で下っていくと一旦林道に降ります。

2020030110

さらに先へ歩いていくと茶畑に出ました。

2020030111

さらに下ればやはり河津桜がよく咲いていて、お花見ができました。

2020030112

寄バス停に着きますが、しばらくバス待ち。

2020030113

奥に向かう道路に出てみるとこちらにも河津桜が並んでいました。この時期は桜まつりが行われていたようでした。

 

« 高幡不動から七生丘陵散歩 | トップページ | 峯の薬師から草戸山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高幡不動から七生丘陵散歩 | トップページ | 峯の薬師から草戸山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ