« 碓氷峠旧道を登る その2 | トップページ | 城山かたくりの里から花散歩で見たお花 »

今年も城山かたくりの里から花散歩

こんなときに医療に従事されている方やインフラ関係など社会を支えてくれている方には本当に頭が下がりますね。

過去ログも一か月になるので、そろそろねた切れですが、3/21はお花散歩へ。

2020032101

今年も城山カタクリの里行きの直行バスはありましたが、コロナのせいかどうか運営が神奈中バスではなく、観光バス会社に変わったようでした。自分はそれには乗らず、城山総合事務所入口から歩くことにしました。

2020032102

のんびり歩いていつもの城山かたくりの里。入園料は500円でした。

2020032104

かたくりは、この日、少し早いような遅いような微妙な感じでたくさんは咲いていたけど、春が暖か過ぎたせいか、咲いてから時間が経った感じでした。

2020032135

近くの桜は今年も満開。青空できれいでした。

2020032122

いつものように尾根に登って小松城跡を過ぎ、評議原。気持ち人が少なめな感じではありました。

2020032123

先へ進むとなんとヤマザクラが満開。大抵、ヤマザクラは少し遅いのですが、今年はやはり早かった。

2020032124

目で見るとものすごくきれいでしばらく足を止めるほどでした。写真だと全然その素晴らしさが写せていませんね。(T_T)

2020032125

登っていくと金毘羅宮を過ぎてさらに登るとヤマザクラ越しの広い眺め。春らしく良い感じでした。

2020032126

久しぶりの雄竜籠山。航空機神社があります。

2020032127

のんびり歩いてついちょっと前に来たばかりの榎窪山。

2020032128

三沢峠で休憩。

2020032129

林道を下っていくとアオイスミレが咲いていました。

 

« 碓氷峠旧道を登る その2 | トップページ | 城山かたくりの里から花散歩で見たお花 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 碓氷峠旧道を登る その2 | トップページ | 城山かたくりの里から花散歩で見たお花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ