« 今年も城山かたくりの里から花散歩 | トップページ | 善福寺川緑地と和田堀公園散歩 »

城山かたくりの里から花散歩で見たお花

そろそろ初夏、普段なら新緑やツツジなどのお花を見に行く季節ですが、
STAY HOME週間ですから、お家で頑張りましょうね。

2020/3/21のお花散歩で見たお花たちです。

2020032136

やはりなんと言ってもカタクリ。

2020032105

今年は咲くのが早かったのか、出かけた日、雪割草は若干少なめな雰囲気でした。

2020032107

ハルトラノオだそうです。

2020032108

ヒカゲツツジも咲いていました。

2020032109

ミツマタはこれからという感じでした。

2020032110

サクラゲンカイツツジだったかな。なんとなく不安で暗くなっていた心を明るくさせてくれました。

2020032113

イワウチワは少し増えたようです。

2020032115

コシノコバイモもまた増えた感じです。

2020032112

ヒュウガミズキ。たくさんのお花が咲くのはやはりいいものですね。

2020032111

桜を見ながらベンチに座って、おにぎりを食べて春を満喫しました。

2020032114

キクザキイチゲは、ちょっとしおれたものが多かったです。

2020032106

オオバキスミレもだいぶ増えていました。

2020032121

ナガバノスミレサイシンにも会えました。

2020032132

ブーケのようなアオイスミレにも会えました。

2020032151

だいぶ数を減らしていましたが、アズマイチゲにも会えました。

 

« 今年も城山かたくりの里から花散歩 | トップページ | 善福寺川緑地と和田堀公園散歩 »

お花」カテゴリの記事

コメント

鉢花とは違って、山野草を育てるのって非常に難しいんですよ。
(環境に適した場所でないと、すぐ消えてしまうので)
ココで初めて見た花が沢山あります。
管理するのも大変そうですが、見る人にとっては夢の地ですね(#^.^#)

れれちゃん、こんにちは。

そうですね。やはり山のお花は環境に特にシビアですものね。

雪割草もここではポピュラーでも、自分は山で会ったことがありません。新潟の山とかやはり遠いですからね。
コシノコバイモもそうですし、ゲンカイツツジなどもその地方にタイミングよく行かないと見られませんから、
本当に有難いし、いつまでも続けて欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も城山かたくりの里から花散歩 | トップページ | 善福寺川緑地と和田堀公園散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ