« 今熊山から金剛の滝へ | トップページ | 甘酒茶屋から箱根湯本 »

箱根関所から屏風山

先日、平日に久しぶりに箱根へ。

2020062901

いやぁ、随分久しぶりの箱根湯本。雨が多いせいか、若干、水量が多いようでした。

2020062902

バスで元箱根港で下車します。まだ時間が早いので、周遊船も静かに停泊中。
曇り予定でしたが、意外に天気良さそうな雰囲気。
それにしても朝の空気がひんやりしてチョー爽やか。半袖だと少し寒く、長袖着たくなる涼しさ。
土曜日のひどい湿気と暑さが嘘みたいでした。

2020062903

しばらく湖の近くの道を歩きます。向こうに見えるのは駒ケ岳でしょうか。
駒ケ岳から神山は遥か昔に歩いたことがあるんですけど、大涌谷のせいでずっと通行止。もう歩くことはできないのかなぁ。。。

2020062904

少し歩いて箱根関所資料館。チケット(¥500)を購入すると資料館と関所がセットになっています。

2020062905

もうちょっと行くと関所。牢獄などがある建物を見学して外に出ると石段。これも復元されたものらしいけど、かなりの段差で登りにくいです。

2020062906

上には遠見番所があります。中には入れないけど、眺めがいい感じ。
天気が良ければ富士山も見られるらしいけど、曇り予報なのに少し晴れただけで良しとしましょうか。
さすがに日差しがあると暑くなってきました。

2020062907

土産物屋を横目で見て道路を渡ると屏風山へのハイキングコース入口。

2020062908

さすがにこの時期、笹がかぶっていて、前日の雨で水が落ちてくるのでザックとかが結構濡れました。
普通は冬場に歩くコースだよね。しばらくは緩やかだったけど、やがてひどい急な木段を登らされました。

2020062909

道標で左に曲がるとようやく普通の山道になります。ただ、途中はやはりぬかるみ道になっていました。

2020062910

だいぶ歩いて薄暗い屏風山の山頂。これではガイドに紹介されないのも無理はない山。
実際の三角点はヤブの中のようです。もちろんそんな所に入ろうなんて思いもしません。
さっさと下り始めました。

2020062911

途中にはちょっと大きな木。なんの木だろうか。

2020062912

沢に出るとバイケイソウが咲いていましたが、あんまり好きなお花じゃないな。
コバイケイソウは好きなんですけどね。

2020062913

沢横の道は沢風があって気持ち良い歩きでした。

2020062934

道路に出て、しばらく歩くと甘酒茶屋でした。

続く。

« 今熊山から金剛の滝へ | トップページ | 甘酒茶屋から箱根湯本 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

今年の梅雨はしつこいですね(><) 静岡では、8日間雨……
そんななかお天気に恵まれたようで(^_^) 私も数年前の晩秋、屏風山に登りましたよ。懐かしい!
で、箱根の民宿に泊まって喋ったら、ご主人から、あんなところに登ったの!?と驚かれました。

先月末、秋田に遠征して、鶴の湯から小白森(大白森までの予定でしたが雨)と森吉山を歩きました。
天気がイマイチでしたが、花がまずまずきれいでうれしかったです。
再来週の4連休はどうされるのですか?

ねもさん、こんにちは。

東京も雨が降ったり止んだり、今日は微妙に降った感じ、それにしても蒸し暑いですね。
この日は少し良かったです。
やはり屏風山はマイナーな山ですね。

秋田の山、遠いですが、やはり良い山ですね。森吉山とは羨ましい。
アルプスの山小屋は休業が多くて、全く予定が立ちません。
そもそも今年は梅雨明けするのかも微妙な感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今熊山から金剛の滝へ | トップページ | 甘酒茶屋から箱根湯本 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ