« 陣馬山から高尾山 | トップページ | 練馬高野台から大泉学園散歩 »

代々木公園と明治神宮

7/12は蒸し暑くて山に出かける気にならず、久しぶりに軽く散歩。

2020071201

小田急線代々木八幡駅が歩き出し。

2020071202

少し歩けば、代々木公園。

2020071203

松が植えられていて、芝生がきれい。

2020071204

しばらく歩いて散策。サイクリングロードとかいろいろあって、間違えて歩いたりしちゃいました。
だいぶ歩くと閲兵式の松。明治天皇から昭和天皇にかけて、このそばで閲兵式をご覧になったそうです。

2020071205

公園を出て、少し先に行くと明治神宮。今年の11月に鎮座100年を迎えるそうです。

2020071206

今年まで自分は元旦の夜中にお参りしていました。なので、昼間見るのは何十年ぶりでしょうか。
たぶん子供の頃なので、夜の風景しか覚えておらず、随分イメージが違いますね。

2020071207

ここはいつも眠くなりつつ、ひたすら前が動くのを待つところだなぁ、と思いながら歩いていくとやっぱり違う光景ですね。

ちなみに、手水舎には水が出ておらず、手前に水が上から下へ流れている所が作られておりました。
やはりコロナは風景も変えてしまいますね。

2020071208

お参りを済ませて、すぐ横に出ると、大きな木。これも大正9年の御鎮座と合わせて植えられたものだそうです。
夫婦楠と呼ばれ、縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴だそうな。

2020071209

歩いたことのない、裏手を回ってみました。大きな芝生などもありました。
ちょっと蒸し暑かったので日なたは人が少なめでしたが、気候の良い頃なら寝転ぶのも楽しいでしょうね。

2020071210

ぐるっと一回りして、原宿口に戻り、きれいな原宿駅で終了でした。

 

« 陣馬山から高尾山 | トップページ | 練馬高野台から大泉学園散歩 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陣馬山から高尾山 | トップページ | 練馬高野台から大泉学園散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ