« 甘酒茶屋から箱根湯本 | トップページ | 代々木公園と明治神宮 »

陣馬山から高尾山

時間が経ってしまいましたが、7/5は陣馬山へ。

2020070501

相変わらず陣馬高原下行きのバスとは相性が悪く、一本乗り逃してしまいました。
45分近く待たされてようやく乗車。
トイレが使えるようになっていました。

2020070502

しばらく歩いていつものようにハイキングコースに入ります。しばらくの間、この時期は少しヤブっぽくなっていました。

2020070503

きつい登りになるとひどい蒸し暑さで苦しい登りでした。

2020070504

縦走路に近い所にはウツボグサ。でも、もう花が散り始めていました。

2020070505

陣馬山の山頂も天気のせいか人が少なめ。

2020070506

でも雲海が見られました。アルプスとか高い山に行きたいな。

2020070507

すっごくぼんやりでしたが、久しぶりに富士山!この目で見たのは何ヶ月ぶりでしょうか。

2020070508

先へ進みますが、明王峠付近まで来ると濃い霧。こんな濃い霧は久しぶりでした。

2020070509

途中では弱いものの雨も降り出し、傘を出して景信山。
屋根の付いたベンチは埋まっていたので、傘を差しながらの昼食でした。

2020070510

小仏峠の標柱は無くなっても、たぬきは健在。予定ではこのあたりで降りるつもりだったけど、疲れてもいないので高尾山へ向かいます。

2020070511

城山の登りが相変わらずきつかった。雨は止んだみたいだけど、みんな降りたのか人は少なめ。

2020070512

久しぶりのネジバナ。

2020070513

オカトラノオがたくさん。

2020070514

むむむ、キキョウ?植栽はよく見るけど、自然のものはあまり会えたことがありません。

2020070515

やはり高尾山は人が多いなぁ。

2020070516

一号路を下りますが、薬王院はちょっと前にも歩いたので四号路を。
途中、大きな木が倒れていました。もちろん処理は終わっていましたが、こうして大きな木は少なくなっていくのですね。

2020070517

駅前の足洗い場では泥を落とす人多数で行列でした。

 

« 甘酒茶屋から箱根湯本 | トップページ | 代々木公園と明治神宮 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 甘酒茶屋から箱根湯本 | トップページ | 代々木公園と明治神宮 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ