« 峠の茶屋お休み処瀬戸沢へ立ち寄る | トップページ | テント泊で天狗岳 »

武蔵小山から目黒へ

せっかくの四連休は雨ばかり。ということで山には出かけず、お散歩。
前にも歩いているコースだけど、散歩だから何度歩いたっていいよね。

2020072401

東急目黒線の武蔵小山駅が歩き出し。

2020072402

しばらく歩くと林試の森公園。広いけれど、人も多かったです。

2020072403

しばらく歩いて目黒不動尊の手前に比翼塚。悲話があり、二人の幸せを祈りたてられたものだそうです。

2020072404

ということで目黒不動尊にお参り。

2020072405

池があるのが、神社の特色。このあたり湧水が豊富なのですね。

2020072406

本堂の裏手に行くと大きな大日如来像。以前にも見ていますが、やはりなかなかのパワーです。

2020072407

甘藷先生の名で知られる青木昆陽の墓に立ち寄ったのち、しばらく歩いて大鳥神社。
日本武尊をまつり、大同元年に創建だそうです。ここはよくある大同二年じゃないのね。

2020072408

目黒区民センター近くにある目黒区民ギャラリー。無料だったので立ち寄ってみました。
この日は木彫展が開催されていました。

2020072409

しばらく歩いて、もう何度も来ている、大円寺。五百羅漢像がなかなかです。

2020072410

目黒駅を過ぎて東京都庭園美術館へ。「東京モダン生活」という展示がされていたのでそのチケットを買い、中に入ると黒アゲハが。
それにしてもこのお花、オニユリみたいだけど真っ白。栽培種でしょうか。

2020072411

建物の中では当時の雰囲気があちこちに残されています。書斎はさすがに立ち入ることはできず、入口から見るだけ。
明治の頃のフィルムをビデオ化したものが流されていたので、しばらく見てしまいました。
一通り巡ってからは庭園へ。芝生が良い感じでした。

2020072412

最後はお隣の国立博物館付属自然教育園へ。
この時期はお花はそんなに多くはないですが、それでもウバユリ。

2020072413

キツネノカミソリは小さかったです。

2020072414

ヤブランは多く見かけました。

2020072415

アキカラマツだそうです。

2020072416

ミソハギはよく咲いていました。

ということで目黒駅へ向かい終了でした。

 

 

« 峠の茶屋お休み処瀬戸沢へ立ち寄る | トップページ | テント泊で天狗岳 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 峠の茶屋お休み処瀬戸沢へ立ち寄る | トップページ | テント泊で天狗岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ