« 三頭山から鶴峠へ | トップページ | 箱根関所から屏風山 »

今熊山から金剛の滝へ

6/27は別な山に行く予定だったけど、あまりの蒸し暑さで取りやめてごく近場の山歩きに。

2020062701

武蔵五日市駅からバスに乗り、久しぶりに今熊登山口で下車します。

2020062702

近くには白いアジサイが咲いていました。最近はよく見かけるけど、ブームなのかな。

2020062703

歩いていくといろいろなアジサイが咲いていて、いい感じ。

2020062704

しばらく歩いて久しぶりの今熊神社。静かにお参り。

2020062705

登っていきますが、暑い上に湿気度が半端ないこと。山でこんな暑いのは久しぶりです。

2020062706

きつい登りを頑張って今熊山の山頂に着きます。これは少し先にある奥宮。

2020062707

ベンチがあるのでしばらく休みましたが、やっぱり暑いです。

2020062708

金剛の滝などへの方面に下っていきます。
少し細い道で石がごつごつしている所があり、軽いハイキングシューズではちと滑りやすかったです。
以前はここから金剛の滝に下れましたが、通行止めになって久しいようです。

2020062709

少し進んだ所から金剛の滝下への道を下りますが、この道も木段のかなりの急降下でした。

2020062710

ということで河原をしばらく歩いてトンネルをくぐると、久しぶりの金剛の滝。
雨がそれなりに降っているせいか、以前に来た時よりも水量がありました。
水はそれなりに冷たく、このあたりは天然クーラーで涼めました。

2020062711

分岐に戻って先へ進みます。沢戸橋への沢沿いの道は通行止になっていました。

2020062712

きつい登りをしばらく頑張り、尾根道に出ると珍しく白人さんのグループが。日本に住んでいる人たちなのでしょうか。

2020062713

オカトラノオが咲いていました。

2020062714

廣徳寺は初めて訪れたお寺。アジサイが咲き、かなり立派な山門がありました。

2020062715

山門を抜けると大きな二本の木。イチョウらしいです。紅葉の時期にも訪れてみたいですね。

2020062716

下って武蔵五日市駅に戻るのが普通ですが、歩き足りないなぁと川沿いを先へ進んで網代城山の登山口。

2020062717

登りの木段がえらくきつい上に超蒸し暑い登り。へろへろになって山頂に到着。
さすがに誰もいませんでした。

2020062718

先へ歩いたら、単独の女性に会いました。こんな日にこんな所を歩くなんて酔狂だなぁ、って自分もか。(^^;

巻いちゃったので、少し戻るように登って弁天山。

2020062719

普通の歩いたら通り過ぎてしまい、また戻るように歩いて貴志嶋神社。先へ進んで弁天洞窟も立ち寄りました。

2020062720

下って道路に出た所から左へ進む道は橋が通行止めになっているので、右へ山田大橋まで出て、武蔵増戸駅に出ました。

 

« 三頭山から鶴峠へ | トップページ | 箱根関所から屏風山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

廣徳寺と金剛の滝へ行かれたのですね。
五日市の廣徳寺は、私の一番好きな場所です。
約五十年前、まだ小学生だった頃に当時あったお寺の宿坊に泊まって、
夏休みの一週間を下の秋川で泳いだり、金剛の滝周辺を探検したりして
過ごした体験は、今も印象深く、記憶に残っています。
後北條氏が再興した由緒ある禅寺で、今も北條氏の位牌をお祀りしていて、
土地の人は、廣徳寺のことを北條さんと呼んでいるようです。
お寺の周辺は、五十年前とほとんど変わっていません。
樹齢4百年を超えるイチョウの黄葉がすばらしいので、是非初冬に!

たまびとさん、こんにちは。
このあたりは思い出の場所なのですね。

金剛の滝は以前にも行っていますが、廣徳寺は初めてでした。
由緒あるお寺という感じですね。
確かにあのイチョウは大きかったです。
今年かどうか分かりませんが、一度は秋に訪れたいと思います。

白いアジサイは、多分「アナベル」って品種だと思います。
初めて知ったのは、随分昔…アナベルのプリザーブドフラワーでした。
関東ではまだ見かけたことない時でしたので、あまりの可憐さに衝撃受けたモノです。
ドライフラワーは信州産が多い中、東北産だったのにも驚きました。
古い記事ですけど、レポ貼っておきますね。
そぉいや、土壌のpH値に左右されないアジサイって珍しいのかな。

れれちゃん、こんにちは。

アナベルですか。たぶんそうですね。
ありがとうございます。
確か以前、高尾山でも見かけた気がしますが、誰かが持ち込んだのでしょうね。

リンク見ました。
自分がコメントしてますね。券売機は覚えてましたが、アジサイは忘れていました。
緑っぽいのが咲きたてみたいですね。
Phによって黒い花が咲いたりしたら怖いですけど。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三頭山から鶴峠へ | トップページ | 箱根関所から屏風山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ