« 富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館 | トップページ | お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) »

お花の霧ヶ峰へ(車山編)

8/15は霧ヶ峰へ。

2020081501

上諏訪駅からバスに乗り、霧ヶ峰インターチェンジバス停で下車。青空の盛夏ですが、のっけから八ケ岳がきれいに見えていい雰囲気。やはり高原なので風が爽やかです。

2020081502

車山への道を歩きますが、以前よりもしっかりと鹿柵が整備されていました。そのおかげで花が増えたようです。
とにかくお花が多く、足が止まりまくり。なかなか進めません。コオニユリもたくさん。

2020081503

コバギボウシも結構見かけました。

2020081504

やはりマツムシソウがいい感じですね。

2020081505

車山に向かうと富士山がしっかり。

2020081506

ウメバチソウもありました。

2020081507

ウスユキソウはやはり咲いてから時間が経っている模様。

2020081508

以前と少し道が付け替えられて緩やかな登りになっていました。その代わり少し距離が伸びています。

2020081509

車山の山頂付近はやはり人が多かったのでマスクを付けました。八ヶ岳、富士山、南アルプスを一望できました。

2020081510

神社の鳥居越しの富士山も見られました。

続く。

 

« 富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館 | トップページ | お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館 | トップページ | お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ