« お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) | トップページ | 猛暑日の御岳山から大岳山 »

上諏訪温泉 片倉館2020

霧ヶ峰の帰りはいつもの片倉館へ。

2020081531

コロナの影響で、入館時、都道府県名と電話番号を紙に記載して提出することになっていました。
東京からって書くのに少し躊躇しましたけど、特に何も言われませんでした。

入館料は忘れたけど、ホームページを見ると750円のようです。

さすがにこの日は暑く、あまり長湯はできませんでした。
人もそんなに多くはなく、密というほどではない感じ。

久しぶりに大きなお風呂に浸かってさっぱりできました。

 

« お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) | トップページ | 猛暑日の御岳山から大岳山 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

おぉ~~僕の大好きな片倉館だ~

深ぁ~い湯船の足もとに玉砂利が敷きつめてあって、
ふわふわとした浮遊感が宇宙飛行士みたいな気分になるんですよね~全裸の。

くま公さん、こんにちは。

くま公さんもよく行かれるのでしょうか。
そうそう、玉砂利の上を歩くと気持ち良いのですよね。
身長の低い自分には少し深めですが。

大抵、お湯が熱めですけど、
ぬるめの時はお湯がドバドバ流れている湯口のあたりに行くとまた楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お花の霧ヶ峰へ(八島湿原へ編) | トップページ | 猛暑日の御岳山から大岳山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ