« 当間山へ | トップページ | 酔芙蓉農道 »

河村城跡へ

関東は天気が悪いけど、その中で神奈川県はなぜか天気が良い予報、なので出かけました。

2020091301

山北駅で下車して歩き出し。でも、やっぱり天気あまり良くないみたいです。

2020091302

さくらの湯の先には鉄道公園があります。D52が静的保存されています。

2020091303

しばらく道路を歩いてセラピーロードの入口。

2020091304

ちょっと集落が見えたけど、天気悪いですね。

2020091305

簡易舗装の道から道標を見て曲がると山道。

2020091306

しばらく進むと北郭。

2020091307

先へ進んで西郭の表示と左には掘割を見て進み、洒水の滝方面への道が分かれます。

2020091308

馬出郭の先へ行けば、本城郭に出ますが、ちょっと草が多いです。

2020091309

先には大きな城跡碑と神社と思われるものがありました。

案内板によると河村城は、平安時代末期に河村秀高によって築かれたと伝えられているそうな。
また、正平七~八年(1352~1353)に新田義典、脇屋義治らとともに籠城したそうな。

2020091310

橋を渡ると蔵郭に出ます。建物の跡があったそうで、穀物を貯蔵した蔵があったのではないかということです。

2020091311

さらに先には大きな堀切。結構高さがあります。

2020091312

その先は広い大庭郭に出ます。展望台の入口はヤブになっていましたが、踏み跡があったので登ってみました。
実際はもう少し明るかったのですが、写真写りがあまりよくありませんでした。

2020091313

遠くには海も見ることができました。

2020091314

久しぶりにヘクソカズラを見ました。

2020091315

先へ進んで右の道を下り、岸の集落に向かいます。酒匂川を眼下に望むことができました。

2020091316

岸の集落に出て、信号を右に進み、酒匂川に出ると文明西堤の表示。
酒匂川は暴れ川で洪水が多く、田中丘隅という人が土手を作って治水に貢献したようです。

 
2020091317

総合運動公園のトイレに立ち寄って一休みしました。

続く。

 

« 当間山へ | トップページ | 酔芙蓉農道 »

城跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 当間山へ | トップページ | 酔芙蓉農道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ