« 暑さを楽しむ陣馬山 | トップページ | 河村城跡へ »

当間山へ

9/5は新潟の当間山へ。

2020090501

越後湯沢駅から森宮野原行のバスに乗り、倉下入口で下車。もう11時ちょっと前ですが、帰りのバスを考えると持ち時間は約5時間です。
(最終バス乗車なら約7時間ありますが。)

2020090502

魚沼スカイラインをひたすら登ります。やっぱり越後の山は湿気が多く、蒸し暑いです。途中にはきれいな棚田を見ます。

2020090503

キツリフネやツリフネソウを見かけました。

2020090504

やっとの事で魚沼展望台。ちよっと黒い雲が多いですが、そのおかげで日差しが遮られたのが逆に有り難かったです。

2020090505

良い眺めでした。季節の良い時ならば、上越国境の山々もきれいに見えるのでしょうね。

2020090507

トイレ横の木段が当間山への登山口ですが、何も表示がありませんね。

2020090508

登山道に入るとしっかりとブナのある道。なかなか良い感じです。

2020090509

なかなかアップダウンのある道で猫石コースを分岐しますが、このあたりが最高点かな。

2020090511

先へ進むとやはりアップダウンがあります。でもブナも多し。

2020090512

三角点への分岐がありましたが、きついので後で立ち寄ることにして、こんな所で昼食にしてしまいました。

2020090513

うーん、やっぱりブナの多い山ですね。とっても良い雰囲気です。

2020090514

分岐があり、市ノ越という所への踏み跡がありましたが、通行止めのようです。

2020090515

その先に下ると曲がりブナ。山親父と呼ばれるブナでした。

2020090516

展望台に出るとなんと若い女性の二人組が休んでいるではありませんか。人に会うとは思わなかったので吃驚。展望図があり、米山や刈羽黒姫山などが見えるらしいですが、地理感もなく、霞んでいる状況では、どこの山か全く自分には分かりませんでした。

2020090517

しばらく下って先へ進むと一本杉。

2020090518

さらに下っていくとなかなか良い感じのブナ林。紅葉の頃が良さそうですが、クマが出没するらしいですよ。

2020090519

さらに下るとブナ回廊の分岐がありますが、残念ながら現在は通行止のようです。
きっと去年の台風の影響なのでしょうね。

2020090520

そのまま先へ進んでひぐらしの道の分岐。こちらは歩けるようなのでそちらに入りました。

2020090521

やっぱり良いブナの森でした。けど、踏み跡が薄い所があるので少し気を付けて下さいね。

2020090522

下っていくと標柱のある分岐。左右に道が通っていますが、左の道を取ります。

2020090523

さきほどの道の続きに出ました。ブナ回廊の入口で小さな鐘がありました。クマ避けに鳴らすように書かれていました。
自分は鳴らさなかったですが。自分の設定した戻り時間13時30分近くになりましたので、ここから登り返します。

2020090524

行きも通ったのですが、ブナ清水というのはここでしょう。今は涸れていて、雪解けの頃しか流れていないものと思われました。

2020090525

登り返しているとさきほどの女性二人に会いました。下の登山口からの往復なのでしょうね。
一本杉までの登りは蒸し暑く、ちょっと辛い登りでした。

2020090526

やっとのことで見晴台に戻ってきました。もう誰もいませんね。

2020090527

ひたすら頑張り、再び山親父を見た頃に雷が鳴りだしました。なんとか分岐から右に進んで当間山三角点。
飯士山と思われる山がちらりと見えたくらいでした。

2020090528

帰りは猫石コースを戻りましたが、辛い登りでした。さらに頑張り、魚沼展望台に出ますが、もう立ち寄る余裕もありませんでした。
バス時間も気になるし、雷に脅かされながら、遮るものの無い魚沼スカイラインを必死で下りました。
それでも雨に降られることもなく、倉下入口のバス停に戻ります。

2020090529

バスまで15分という時間。なんとか間に合いました。

 

|

« 暑さを楽しむ陣馬山 | トップページ | 河村城跡へ »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さを楽しむ陣馬山 | トップページ | 河村城跡へ »