« 猛暑日の御岳山から大岳山 | トップページ | 当間山へ »

暑さを楽しむ陣馬山

8/30は陣馬山へ。

2020083001

いろいろあってようやく高尾駅。小仏行のバスに乗りました。

2020083002

直接、景信山に登るルートに入りましたが、先日の御岳山に比べてもさらにひどい暑さ。
それでも頑張ると尾根に出ますが、小下沢方面の道は通行止めになっていました。

2020083003

山頂手前の直射日光の厳しいこと。そこまでは、まだ樹林の中を歩くことが多かったので有り難かったです。
日陰のベンチで一休み。

2020083004

時間があるので、久しぶりにキアゲハと戯れてみました。

2020083005

巻き道は通らず、すべてアップダウンの道を選択。あまり程度がよくないけど、シモバシラが咲いていました。

2020083006

もちろん堂所山も久しぶりに立ち寄りました。登りがきつかったです。
こちらも小下沢方面は通行止め。林道がやられているからだと思います。

2020083007

明王峠の茶店は営業していなかったようです。

2020083008

ひたすら頑張りようやく陣馬山の山頂。

2020083009

茶店で藤野ゆずシャーベットを今回も買います。(¥300)
金属スプーンを貸してくれるので、硬いシャーベットも難なく食べられます。
この暑さだと溶けるのも早いですけどね。(^^;

でも、日陰にいると吹く風が涼しく、まさに陣場高原。
そろそろ夏も終わりが近いかなぁという雰囲気でした。

2020083010

ゲンノショウコが咲いておりました。

2020083011

山頂付近でもキアゲハが舞っていました。

2020083012

ツリガネニンジンが良い雰囲気でした。

2020083014

藤野側に降りると道路を歩かされるのが嫌で、ついこないだ歩いた気がする陣場高原下へ。
やはり下に降りると暑かったです。

 

« 猛暑日の御岳山から大岳山 | トップページ | 当間山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑日の御岳山から大岳山 | トップページ | 当間山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ