« 河村城跡へ | トップページ | 利根運河からこうのとりの里 »

酔芙蓉農道

河村城跡から運動公園へ歩いた後、酔芙蓉農道へ。

2020091318

付近には田んぼが多く、もう稲刈りの時期は間近なようで、実りの秋は近いですね。

2020091319

ということで酔芙蓉農道。通常ならば祭りが開かれているはずなのですが、
今年はコロナのせいで中止になっています。

2020091320

どちらかというと白いお花が多く、赤いものはたぶん蕾だと思われました。まだこれからみたいですね。

2020091321

ほとんどないかと思ったら、最後の方に行くとなんとかピンクのものが咲いていました!

大きなお花がいいですね。

2020091322

途中で雨に降られてあじさいの里の方へ。

2020091323

十文字橋には昔の名残の欄干が少し残っていました。

2020091324

新松田駅に出ました。

 

« 河村城跡へ | トップページ | 利根運河からこうのとりの里 »

ウォーキング」カテゴリの記事

お花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河村城跡へ | トップページ | 利根運河からこうのとりの里 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ