« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

一盃山

10/19は一盃山へ。

前日はGOTOキャンペーンを初めて使って磐梯熱海温泉で宿泊。
高くない宿なのでクーポンももらったけど一枚だけです。宿でお土産を少し買っただけで終了。

天気が良ければ蓬田岳に行くつもりでしたが、天気が悪いので一盃山へ行くことに。

2020101901

田母神バス停で下車。昨日以上にどんより。

2020101902

しばらく車の多い道を歩いていくと一盃山登山口を示す道標で左に進みます。

2020101903

だいぶ歩いて一盃山登山道の案内板。

2020101904

平日だけど、一盃山駐車場には数台止まっていた雰囲気。

2020101905

のんびり登っていきます。

2020101906

しばらく登ると深沢清水への道が分かれます。せっかくなので行ってみました。
岩の間からちょろちょろと出ている程度でした。

2020101907

どんどん登っていくと上級コースが分かれますが、その先はヤブで塞がれています。
歩く人いないでしょって感じなので、もちろん左の普通コースへ。

2020101908

すぐに林道に出て、左へ少し行くと右上に登る道があったのでそちらに入りました。
もしかすると林道が作られたから上級コースは無くなったのかな。
上に行くと風が冷たくなりました。

2020101909

広い所に出ると大志ノ広場。山頂表示がありますが、三角点は北に行った所みたいです。

2020101910

ヤブがあるのかなと思ったけど、踏み跡が続いていて問題なく三角点に到着。

2020101911

先には少し眺めがあり、先の方に三角錐の山が見えたけど、どこの山でしょうね。

2020101912

大志ノ広場に戻って先へ進むと音の岩。なぜか石柱にアケビが掛けられていました。

2020101913

眺めの良い場所、向こうには昨日歩いた大滝根山が見えました。

2020101914

黒甫登山口に向かいますが、急降下があり、さらに細い道のトラバースが続き、さらに急降下。
なかなかマニアックな道です。特にこの先の急降下はロープも付いていましたが、なかなか厳しい下り。

2020101915

急降下が終わると、今度はヤブっぽい道が続きました。右側は植林の伐採地らしい感じ、ヤブをかき分けながら下ると伐採地に出ました。

2020101916

再び樹林の中に入ると再びヤブっぽい道ですが、さきほどほどではなくなり、
やがて最後は伐採用の道に出て、少し進むと林道に出ました。

2020101917

林道を右に進んでしまいましたが、これは誤り。
今回もまた道迷いして、結局戻り、先へ進むとようやく道路に出ることができました。
どうも福島の林道は鬼門だなぁ。。。(^^;;;

2020101918

しばらく下っていくと正しい黒甫登山口に出ましたが、あの道標の先に道があるようには見えないなぁ。
先の明るくなっている所には林道が見えましたけど。

2020101919

のんびり歩いて以前は黒甫バス停があったと思われるあたり。
今年の10月から馬場行きのバスは廃止されてしまったようで、バス停も撤去されていたようです。

2020101920

戻る途中には菅船神社の大きなシダレザクラ。急な階段を登って木祠にお参りしました。

2020101921

ということで田母神バス停に戻りました。45分待ちくらいでした。
よく見たら、土日の時間が変更されていて、1時間早くなっていました。
平日で良かったですが、土日だったら乗り遅れていました。
昼過ぎのバスに乗り遅れると17時近くまでバスがないので辛いですし、駅は無茶苦茶遠いです。。。

2020101922

バスで郡山駅に戻り、今回もまた磐梯熱海温泉の元湯で入浴。また前回同様に16時過ぎなので安く入れました。

2020101931

ということでセンブリが見られました。

帰りはもちろん列車の中で一杯やって帰りましたとさ。

| | コメント (0)

大滝根山へ

10/18は大滝根山へ。

2020101801

早朝の電車を乗り継いで磐越東線菅谷駅で下車。予想外に良いお天気。

2020101802

駅から少し歩いて入水鍾乳洞方面に向かいます。右手に見えるのが仙台平。

2020101803

長い道路歩きです。わずかに紅葉している感じ。

2020101804

仙台平の分岐あたりからは山を見ることができますが、あれれ、雲が来ているぞ。

2020101805

随分歩いて、ようやくの仙台平の駐車場。広い割には車一台のみ。先にはキャンプ場があるみたいです。

2020101806

一番奥に登山道入口の表示。細い道を下ります。

2020101807

途中に鬼穴の表示があったけど、今は中に入ることはできないし、入口だけみてもということで行きませんでした。

2020101808

道路に出て、左にわずかに行けば、登山道入口。

2020101809

しばらく沢沿いに進んだのち、谷状の地形を登ります。さらに先に行くと樹林の中を緩やかな道になりました。

2020101810

だいぶ歩くと五合目ブナ平の表示。
すっかりどんよりの曇りになってしまったみたいで、いつもの天気に戻りました。

2020101811

結構急な登りを登っていくと樹林の合間からちらりと紅葉。

2020101812

色づいた木を見かけました。朝のような晴れならなぁ。

2020101813

鎖場も二か所ほどありましたが、そんなに厳しくはない鎖場でした。
さらに先へ登ると少し緩やかなところに出ますが、笹が道にかぶっていました。

2020101814

さらに登ると鉄塔に飛び出ました。眺めのある良い場所。天気がなぁ。

2020101815

ペラペラ石などへの道が分かれますが、片道30分近くかけて行く気にはなりません。

2020101816

先へ登るとフェンスにぶつかります。
山頂付近は自衛隊の基地になっていて入れません。ゴウゴウと機械音が嫌な感じです。
道標を見てフェンス沿いに曲がって進んでいくと山頂の大滝根山峯霊神社。お参りします。

2020101817
裏手のフェンスから金網越しに三角点が見えました。

2020101818_20201026192401

鉄塔に戻って昼食。再び往路を戻って仙台平の駐車場。まだ時間があるので、仙台平展望台を目指します。
分岐からそちらに入ると大平神社という古い建物の神社がありました。

2020101819

車の通る狭い道を歩いていくと右手に大滝根山がしっかり見えました。

2020101820

仙台平はパラグライダーの発射台になっているようです。刈払いの草地からは良い眺め。

2020101821

山頂付近には大滝根丸首塚がありました。

2020101822

さて、ひたすら往路を戻ります。なんか行きよりも少し色が付いたのかな。

2020101823

菅谷駅に戻ってのんびり列車を待ちました。

 

| | コメント (0)

那須温泉 鹿の湯 2020

雨の日は温泉。

2020101701

那須湯本バス停から鹿の湯へ降りる道。少し紅葉。

2020101702

まあ、遠くの山もきれいとは言い難いかな。雨だしね。

2020101703

ということでいつもの鹿の湯。木の看板がだいぶ古びたなぁ。
いつもの濃いお湯に浸かってしっかり硫黄臭くなりました。

2020101704

バスまで時間が余ったので、温泉神社にお参り。

2020101705

ご神木「生きる」。推定樹齢800年のミズナラ。
最近は女性が亡くなるケースが多いと新聞に載っていましたが、生きていればきっと良いことありますよ。
この木にお参りしてパワーをもらってね。

2020101706

ということで神社でお参り。雨ですけど、訪れている人はそれなりにいました。
ちなみに那須温泉は令和二年で開湯1390年だそうで幟がいくつも立てられていました。10年後にも来たいですね。

2020101707

行かなかったけど、殺生石付近にも人がいるのが見えました。

 

| | コメント (0)

次大夫掘公園付近の散歩

台風が過ぎ去っても天気が悪い10/11はお散歩。

2020101101

成城学園前を歩き出し、しばらく歩くと喜多見不動尊。静かでした。

2020101102

下には池があって湧水があるのが特徴ですね。

2020101103

神明の森みつ池を横目で見て、先へ進み、野川に出ます。

2020101104

しばらく野川沿いを歩いていくと世田谷通りを渡りますが、
そのあたりには並木が残されていて、世田谷らしい雰囲気でした。

2020101105

さらに歩いていくと次大夫掘公園に着きました。
「次大夫掘」ってなんだろうと思ったら、案内板に説明があり、
稲毛・川崎領の代官であった小泉次大夫の指揮により、慶長二年(1597)から15年かけて開発された農業用水で、
正式には六郷用水といい、世田谷領、六郷領を流れるものでしたと書かれていました。


2020101106

公園に入るとしっかり水が流されています。

2020101107

田んぼがあって、稲を刈り取った後らしいです。先の方に干されていました。

2020101108

鯉が泳いでいる池もありました。

2020101109

民家園があるので、入ってみます。古民家がいくつかあります。
コロナのせいかどうか、残念ながら中は土間くらいしか見ることができないようです。

2020101110

こじんまりした民家もありました。

2020101111

外に出ると、小川が続いています。春ならもっと楽しいかも。

2020101112

しばらく歩いて高速の下を通り、さらに先へ行くともう水がない住宅地に六郷用水跡の石碑。

2020101113

道路を歩いて永安寺というお寺に立ち寄り。大きなイチョウがあります。まだ紅葉には早いですね。

2020101114

さらに先へ行くと氷川神社がありましたので、立ち寄ってお参り。
手水鉢に村の名前が書いてあって、古くからある神社のようですね。

2020101115

車の走る道路の横に六郷用水が続いています。

2020101116

さらに歩いて岡本公園に入ります。こちらにも古民家がありました。

静嘉堂文庫まで歩くつもりでしたが、道を間違えたようでバス道路に出てしまったので、近くにあった岡本もみじが丘というバス停からバスに乗って二子玉川駅に出ました。

| | コメント (0)

鷲子山へ

10/4は烏山へ。

2020100401

初めて宇都宮駅から烏山線にのりました。バッテリー搭載のエコ車両で、これまた初めて。

2020100402

午前中遅い時間ということもあり、宇都宮駅で買った玄氣いなりというお弁当を車内で食べました。
¥500と駅弁にしては安いですが、なかなか美味しかったです。昼食には十分な量でした。

2020100403

駅前から那須烏山市営バス烏山高部線に乗りました。

2020100404

塙バス停で下車し、しばらく歩いて鳥居土に出ると鳥居がありましたが、鳥居だけで通れそうにありませんね。

2020100405

すぐ先に鷲子山入口の表示があり、道路歩きです。

2020100407

歩いていくとツリフネソウやキツリフネがよく咲いていました。

2020100408

さらに歩いていくと「杜の小径」と書かれた山道がありますが、歩く人がほとんどいないので草がだいぶ伸びていました。

2020100409

途中で左に榧の大木と書かれた道標を見ます。それにしたがって曲がるとすぐに分岐。
そのまま進むのか、上に登るのか判断を迫られましたが、上に行く道を選択。
登り着いた所に木祠がありました。

2020100413

大きな木を見て先へ進んだら、もうそこは本殿でした。ありゃ、ルートが違ったみたいです。
しっかりお参り。

2020100411

本殿の横には鷲子山の千年杉。
やっぱり太い木ですね。とちぎ名木百選にも選ばれている木のようです。
近すぎるので良い写真を撮るのは難しいです。

2020100414

こちらも本殿横にはフクロウ。この神社はフクロウが有名です。不苦労などに繋がるからだそうです。

2020100415

福ふくろうロードを下るとたくさんのふくろうの像が置かれていて、なでてからお祈りして下さいとありました。
やさしそうな像が多いので幸せになれそうですね。

ようやく鳥居の前に出て、近くには社務所があったので、フクロウのお守りを買いました。
鳥居の中央左右で栃木県と茨城県に分かれているようです。
せっかくなので、鳥居を通って本殿に向かいました。

2020100416

楼門もなかなか立派ですね。栃木、茨城の文化財に指定されているようです。

2020100417

帰りのバスを一本逃すと三時間待ちなので、あまり時間がありません。
が、さきほど見逃した榧の大木を見たくて、往路を戻り、分岐に戻って先へ進んでしばらく歩くとありました!

2020100418

あまり訪れる人もいないようで、あたりは草ぼうぼう。樹齢600年あるそうです。
南方系樹木の北限にある木で貴重だと書かれていました。

2020100419

社務所の近くに出て、少し先には鳥居があり、上には巨大なフクロウ像。
その先に本宮神社がありましたので、そちらにも参拝しました。

2020100420_20201015192601

ということで再び草の多い道から道路を塙バス停まで戻りました。
バス停の「塙」の字の上に「みわ」と書かれていました。
このあたりは美和という地名もあるようです。
バス停名は「はなわ」なのか「みわ」が正解なのか、うーむ、分かりませんね。

2020100421

烏山駅に戻ったのですが、電車は一時間待ち。近くに山あげ会館の表示があったので7~8分ほど歩いて行ってみました。(¥250)
山あげまつりの様子が分かる人形とセットによる模擬、フィルム映写などで結構盛だくさん。
お土産などを見る時間がなくなりましたが、楽しめました。

2020100422

やはり、線路の終点って、雰囲気がありますね。。。

再び列車で帰りました。

 

| | コメント (0)

二ッ箭山へ

10/3は福島へ。

2020100301

延々と列車に乗って磐越東線小川郷駅で下車します。駅からも二ッ箭山が見えていました。

2020100302

道路をしばらく歩いて駐車場。登山口はすぐ先でした。

2020100303

林道っぽい道を進むと月山などへの分岐。帰りはそちらから降りてくる予定です。

2020100304

沢コースに進むと大きな木を見ます。

2020100305

さらに進んでいくと御神体の滝。やはり宗教的な雰囲気のする滝ですね。

2020100306

沢コースは斜めった岩などを歩くのでなかなか進まないです。やっとのことで〆張場。
大きな何本も木が立っていて、おごそかな雰囲気の場所です。

2020100307

尾根コースに入ると急登の連続。なかなかきついです。
ようやく尾根に出て先へ進むと岩場コースが分岐しますが、先が不明瞭らしいので、普通に一般コースを歩きます。
先に行けば、巻き道コースと鎖場コースの分岐がありましたが、もちろん鎖場コースを選択。

2020100308

しばらく行くと鎖場。写真だと分からないと思いますが、とても長い鎖場で30mくらいあるらしいです。
一気に登るのは難しく、途中で一呼吸休まないと無理です。
比較的取り付きやすいですが長いですし、過去に死亡事故なども起きています。
コンディションの悪いときなどは巻き道を進んだ方が良いと思います。

2020100309

やっと男体山と女体山の鞍部。ガイドだと女体山に向かう方が無難とありましたが、やっぱり男体山に登ってみたくなりました。

2020100311

鎖場はなかなか厳しく、鎖を使って体を持ち上げなくてはいけない所が多々あります。
最後はほぼ垂直の登り、久しぶりにドキドキしましたが、なんとか山頂。
お一人休んでいました。

2020100310

やはり目の前に女体山が見えますが、そちらも岩ですね。
下は切れ落ちているので高度感半端ないです。

2020100312

男体山の下りの厳しかったこと!足場が見つからなかった所はどうしようかと思いました。
鎖にすがってなんとか下ることができました。
せっかくなので女体山も鎖場を選択。岩場で手の甲を擦ってしまい、ちょいと傷を作ってしまいました。

2020100313

ついさっき、あの男体山の岩の上にいたんですよね。自分でも信じられないくらいです。

2020100314

男体山に比べると比較的歩き回れますが、それでも端に寄るのは止めておきました。

2020100315

もう鎖はないと思っていたら、女体山から月山に向かう下りでも鎖やロープがありました。
それをこなして岩場を巻いて進むと転がり落ちそうな岩の下が道になっています。

2020100316

ちょっと急な登りなどもありましたが、普通の尾根歩きで、しばらく行けば山頂分岐。

2020100317

数分で二ッ箭山の山頂に到着。四等三角点がありました。屹兎屋山方面に踏み跡が続いていました。

2020100319

のんびり気分になってどちらかというと下りの道を進んでいくとあっけなく石祠のある月山に到着。

2020100318

岩場から男体山、女体山を眺めることができました。

2020100320

少し下ると分岐。桐ヶ丘登山口に向かう道はやさしそうな尾根道。でも、ここは右へ月山尾根へ下ります。

2020100321

その道がまた岩ゴロの急降下。
ロープなどが欲しいくらいの所もありますが、ないので少し慎重に下らなくてはいけない所もありました。
だいぶ下ると分岐があり、〆張場への道が分岐しますが、あまり歩かれてはいなさそうです。

2020100322

ひたすら下って、行きに通った分岐に出ました。

2020100323

登山口に戻り、振り返りました。小粒だけれど、なかなかハードな山でした。

2020100324

往路を戻りますが、時間に余裕があったので、草野心平生家に立ち寄りました。
中には入りませんでしたが、いかにも日本家屋という感じでした。

2020100325

小川郷駅に戻って終了。まだ列車まで余裕がありました。

2020100326

ホームからも二ッ箭山を見ることができました。良い山でした。

 

| | コメント (0)

浜離宮庭園、旧芝離宮、愛宕神社

雨予報の週末はお散歩。

2020092701

新橋駅を歩き出し、しばらく歩くとなんと信号機。
なんだろうと思ったら、このあたりは旧汐留駅があり、そののちに貨物駅になったそうです。
昭和62年(1987)、国鉄からJRに変わった際に保存されたもののようです。
銀座に残る唯一の信号機だそうな。

2020092702

さらに進めば浜離宮恩寵庭園。(¥300)

2020092703

松が多く、やはり昔からの庭園ですね。

2020092704

大きな松は300年の松。6代将軍徳川家宣が宝永6年(1709)に大改修を行った頃に植えられたものと書かれていました。

2020092705

お花畑にはたくさんのお花。

2020092706

ヒガンバナもありました。

2020092707

将軍お上がり場。将軍が船から上がる際に使われたようです。

2020092708

樋の口山。残念ながら登れません。

2020092709

結構、巨樹もありますね。

2020092710

富士見山。これは登れます。

2020092711

庭園を見渡すことができます。

2020092712

中島の御茶屋も良い雰囲気でした。

2020092713

久しぶりに船に乗り、日の出桟橋へ。わずか10分の乗船ですが、やはり気分も変わりますね。

2020092714

おのぼりさん状態で、写真をたくさん撮ってしまいました。
レインボーブリッジが近いですね。

2020092715

日の出桟橋から竹芝駅の横を通り、しばらく歩いて旧芝離宮恩寵庭園へ。(¥150)

2020092716

キキョウがたくさん咲いていました。

2020092717

昔は海水を取り入れていたようで、取り入れ口があります。

2020092718

唐津山とありました。

2020092719

なぜか石柱が四本。小田原北条家に仕えた戦国武将の旧邸から運ばれた門柱だそうな。

2020092720

中島は岩が並んでいました。

2020092721

しばらく歩いて、途中のお蕎麦屋さんで昼食後、増上寺へお参り。

2020092722

裏手へ進んでいくと芝丸山古墳。

2020092723

上に登れば、以前にも見た伊能忠敬測地遺功表。

2020092724

さらに歩いて東京タワー直下にはなぜか滝。
もじみの滝といい、日本人初のランドスケープデザイナー長岡安平の設計により明治38年(1905)に築造されたとあります。

2020092725

さらにしばらく歩いて愛宕神社でお参り。付近は愛宕山という山で三角点もあるそうですが、見落としました。

2020092726

近くにNHK放送博物館がありますので、入館して見学しました。(無料)

2020092727

せっかくなので、愛宕神社の出世の石段を上り下り。結構きついです。急な階段なので間違っても転げ落ちないように。

新橋駅に戻って終了でした。

 

| | コメント (0)

銭湯 桜館

久しぶりの温泉探訪は池上へ。

202009xx21

東急池上線の池上で下車。駅はリニューアル工事中でしたが、外観は出来ていてきれいでした。

7~8分くらい歩いたでしょうか。天然温泉の表示を見て、そちらに行くと桜館がありました。

入浴料は470円。基本的に銭湯ですので、石鹸などは持ち込む必要があります。

お風呂は二つがひと月に二回、男女入れ替え制になっているようです。
自分が訪れた時は壱の湯が男性でした。
黒湯の天然温泉に入れます。本当に真っ黒。
一階のお風呂に入ったのですが、壱の湯は三階にもお風呂があったのは知りませんでした。あーまた失敗。。。(T_T)

とても温まって良いお湯でした。

 

| | コメント (0)

王子付近散歩

雨の日はお散歩。

202009xx01

王子駅が歩き出し。

202009xx02

まずはすぐ近くにある飛鳥山公園。モノレールがあるんですけど、まだ時間が早かったせいもあるし、コロナの事もあるので乗らずに歩いて登りました。

202009xx03

歩いていると、むむっ、桜?
近づくと十月桜でした。

202009xx04

先へ進むと公園があり、懐かしい路面電車。子供の頃、乗ったことあるなぁ。
中に入れます。座席はないけど運転台があって、子供が喜びそう。
ちょっと痛みが激しいのは仕方ない所でしょうか。

202009xx05

D51もありました。

202009xx06

三つの博物館がありました。北区飛鳥山博物館に入館。(¥300)

この付近の歴史などが展示されていて、結構、盛だくさんでした。
渋沢資料館も見学したかったのですが、コロナもあって休館中でした。

202009xx07

近くにあった旧渋沢庭園へ。(無料)

202009xx08

別邸跡ということで、空襲などで建物の大部分がやられたようで建物跡がたくさんあります。
晴れた日ならきれいなのでしょうね。

202009xx09

晩香廬という建物。合資会社清水組の清水満之助が長年の厚誼を謝して贈ったと書かれていました。
貴重な大正時代の建築物だそうで、国指定重要文化財です。
外からだけですが、応接室のような部屋とソファなどを見ることができました。

202009xx10

青渕文庫。80歳と子爵になった記念として門下生の団体「竜門社」から寄贈されたとありました。
こちらもステンドグラスなどのある大正建築でこちらも国指定重要文化財です。
今は外からしか見られません。

202009xx11

ちょっと場所が分からなくて、あっちこっちに歩いてしまって、ようやく見つけた装束稲荷神社でお参り。
こじんまりした神社でした。

202009xx12

小さなガードをくぐって先へ行くと王子稲荷神社でお参り。

裏手には落語に出てくる狐穴などがありました。

202009xx13

少し先に行くと名主の滝公園。

202009xx14

雨の日に散策するには不向きでしたが、やはり名主の滝、男滝はなかなか。8mくらいあるそうです。

202009xx15

雨の中をひたすら歩き、十条野鳥の森は桜の木がありますが、ちいさな緑地という感じでした。

202009xx16

その先で十条富士神社の富士塚を探しますが、どうも見当たりません。
通りがかった人に聞きましたが、知らないとのこと。
ふと横の工事のお知らせを見ると、なんと富士塚再整備工事と書かれているではありませんか!
これには吃驚でした。

東京都都市整備局の富士塚のページ

また整備後に訪れなくてはいけませんね。

202009xx17

東十条駅に出て、終了でした。

 

| | コメント (0)

額取山 下山編

登り編からの続きです。

2020092221

しばらく眺めを楽しんだ後、名残惜しいですが、山頂を後にして下山にかかります。

2020092222

しばらくは急降下が続きました。樹林の中も急降下する所が多々あります。
それでも進んでいくと緩やかになってきました。

2020092223

途中、ヤブの中にわずかな凹みがあるのが見えましたが、もしかすると廃道になった734mからの道かもしれません。

2020092231

下ると滝登山口分岐。そちらには弘法清水と表示があってそそられるけど、今日は熱海登山口へ向かいます。

2020092224

あまり歩かれていないようで、草の生えた道は少し心細い感じ。それでも下っていくとようやく林道に出ました。

2020092225

林道をわずかに進んだ所にも道標があるので、迷うことはないです。

2020092226

ひたすら歩いていきます。あまり使われていない林道という感じでしょうか。
先へ進むとわずかに崩れた所もあって、車は入れないのが分かりました。

2020092227

道標を再び見て、左に折れます。これが切通しのようでしたが、自分は現在地点を完全に間違っていました。

2020092228

すぐ先に熱海登山口の表示。駐車場もありました。
ここから右(写真は歩いてきた方を振り返ったものなので左)に進めば良かったのです。

2020092229

しかし、自分はてっきりまだ切通しは通っていないという誤った認識で左の道へ進んでしまいました。
しばらく登らされてやがてポツンと一軒家のような家に辿りついて、やはり間違いだったと気づくありさま。
結局25分もロスしてしまいました。

2020092230

地形図だと太い道だから、てっきり舗装されているものとばかり思っていましたが、実際は土道が多く、
これまた不安をかきたてるものでした。それでも磁石を確認すると北東に向かい、地形図通り。
採石場を過ぎた所に一台のワゴン車が止まっていたので、道を聞いてみるとあと少しとのこと。
民家が出てきて、磐梯熱海駅に着いたときには正直ホッとしました。すでに16時前になっていました。
相変わらずのポカでしたが、問題なく下山できてよかったです。

この日も元湯に行って入浴。さっぱりしてから郡山に出て帰りました。

 

| | コメント (2)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »