« 額取山へ 登り編 | トップページ | 王子付近散歩 »

額取山 下山編

登り編からの続きです。

2020092221

しばらく眺めを楽しんだ後、名残惜しいですが、山頂を後にして下山にかかります。

2020092222

しばらくは急降下が続きました。樹林の中も急降下する所が多々あります。
それでも進んでいくと緩やかになってきました。

2020092223

途中、ヤブの中にわずかな凹みがあるのが見えましたが、もしかすると廃道になった734mからの道かもしれません。

2020092231

下ると滝登山口分岐。そちらには弘法清水と表示があってそそられるけど、今日は熱海登山口へ向かいます。

2020092224

あまり歩かれていないようで、草の生えた道は少し心細い感じ。それでも下っていくとようやく林道に出ました。

2020092225

林道をわずかに進んだ所にも道標があるので、迷うことはないです。

2020092226

ひたすら歩いていきます。あまり使われていない林道という感じでしょうか。
先へ進むとわずかに崩れた所もあって、車は入れないのが分かりました。

2020092227

道標を再び見て、左に折れます。これが切通しのようでしたが、自分は現在地点を完全に間違っていました。

2020092228

すぐ先に熱海登山口の表示。駐車場もありました。
ここから右(写真は歩いてきた方を振り返ったものなので左)に進めば良かったのです。

2020092229

しかし、自分はてっきりまだ切通しは通っていないという誤った認識で左の道へ進んでしまいました。
しばらく登らされてやがてポツンと一軒家のような家に辿りついて、やはり間違いだったと気づくありさま。
結局25分もロスしてしまいました。

2020092230

地形図だと太い道だから、てっきり舗装されているものとばかり思っていましたが、実際は土道が多く、
これまた不安をかきたてるものでした。それでも磁石を確認すると北東に向かい、地形図通り。
採石場を過ぎた所に一台のワゴン車が止まっていたので、道を聞いてみるとあと少しとのこと。
民家が出てきて、磐梯熱海駅に着いたときには正直ホッとしました。すでに16時前になっていました。
相変わらずのポカでしたが、問題なく下山できてよかったです。

この日も元湯に行って入浴。さっぱりしてから郡山に出て帰りました。

 

« 額取山へ 登り編 | トップページ | 王子付近散歩 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

御霊櫃峠から登るとは、さすがですね~
しかも下から・・・

ぼくが登った時は弘法清水から登って、磐梯熱海へ下りましたが、御霊櫃峠も下山候補として調べてました。
でもバスが山道の下までしか来てなかったので諦めたんです。

でも大将棋山が気になるので、また行きたいな~と思ってます。
額取山の山頂の解放感もいいですしね~

磐梯熱海の元湯のぬる~いお湯も大好きです。
熱いお湯が横にあるのも箸休め的な感じでいいんでしょうね~
でも、やっぱりメインはぬる湯なんだと思いますです。

くま公さん、こんにちは。

ないなら、歩くしかないなぁと頑張ってみました。
ちょっとバスの時間が遅いのが痛いですね。
でも、静かな山頂を独り占めできたので良かったです。

ちなみに、自分が書いた山名が誤りでした。
途中のピークは大将旗山(たいしょうはたやま)です。
すみません、記事の方は修正しました。

元湯はいいお湯ですね。
ぬるゆに名湯あり、という所でしょうか。
駅から近いのも嬉しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 額取山へ 登り編 | トップページ | 王子付近散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ