« 那須温泉 鹿の湯 2020 | トップページ | 一盃山 »

大滝根山へ

10/18は大滝根山へ。

2020101801

早朝の電車を乗り継いで磐越東線菅谷駅で下車。予想外に良いお天気。

2020101802

駅から少し歩いて入水鍾乳洞方面に向かいます。右手に見えるのが仙台平。

2020101803

長い道路歩きです。わずかに紅葉している感じ。

2020101804

仙台平の分岐あたりからは山を見ることができますが、あれれ、雲が来ているぞ。

2020101805

随分歩いて、ようやくの仙台平の駐車場。広い割には車一台のみ。先にはキャンプ場があるみたいです。

2020101806

一番奥に登山道入口の表示。細い道を下ります。

2020101807

途中に鬼穴の表示があったけど、今は中に入ることはできないし、入口だけみてもということで行きませんでした。

2020101808

道路に出て、左にわずかに行けば、登山道入口。

2020101809

しばらく沢沿いに進んだのち、谷状の地形を登ります。さらに先に行くと樹林の中を緩やかな道になりました。

2020101810

だいぶ歩くと五合目ブナ平の表示。
すっかりどんよりの曇りになってしまったみたいで、いつもの天気に戻りました。

2020101811

結構急な登りを登っていくと樹林の合間からちらりと紅葉。

2020101812

色づいた木を見かけました。朝のような晴れならなぁ。

2020101813

鎖場も二か所ほどありましたが、そんなに厳しくはない鎖場でした。
さらに先へ登ると少し緩やかなところに出ますが、笹が道にかぶっていました。

2020101814

さらに登ると鉄塔に飛び出ました。眺めのある良い場所。天気がなぁ。

2020101815

ペラペラ石などへの道が分かれますが、片道30分近くかけて行く気にはなりません。

2020101816

先へ登るとフェンスにぶつかります。
山頂付近は自衛隊の基地になっていて入れません。ゴウゴウと機械音が嫌な感じです。
道標を見てフェンス沿いに曲がって進んでいくと山頂の大滝根山峯霊神社。お参りします。

2020101817
裏手のフェンスから金網越しに三角点が見えました。

2020101818_20201026192401

鉄塔に戻って昼食。再び往路を戻って仙台平の駐車場。まだ時間があるので、仙台平展望台を目指します。
分岐からそちらに入ると大平神社という古い建物の神社がありました。

2020101819

車の通る狭い道を歩いていくと右手に大滝根山がしっかり見えました。

2020101820

仙台平はパラグライダーの発射台になっているようです。刈払いの草地からは良い眺め。

2020101821

山頂付近には大滝根丸首塚がありました。

2020101822

さて、ひたすら往路を戻ります。なんか行きよりも少し色が付いたのかな。

2020101823

菅谷駅に戻ってのんびり列車を待ちました。

 

« 那須温泉 鹿の湯 2020 | トップページ | 一盃山 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須温泉 鹿の湯 2020 | トップページ | 一盃山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ