« 浜離宮庭園、旧芝離宮、愛宕神社 | トップページ | 鷲子山へ »

二ッ箭山へ

10/3は福島へ。

2020100301

延々と列車に乗って磐越東線小川郷駅で下車します。駅からも二ッ箭山が見えていました。

2020100302

道路をしばらく歩いて駐車場。登山口はすぐ先でした。

2020100303

林道っぽい道を進むと月山などへの分岐。帰りはそちらから降りてくる予定です。

2020100304

沢コースに進むと大きな木を見ます。

2020100305

さらに進んでいくと御神体の滝。やはり宗教的な雰囲気のする滝ですね。

2020100306

沢コースは斜めった岩などを歩くのでなかなか進まないです。やっとのことで〆張場。
大きな何本も木が立っていて、おごそかな雰囲気の場所です。

2020100307

尾根コースに入ると急登の連続。なかなかきついです。
ようやく尾根に出て先へ進むと岩場コースが分岐しますが、先が不明瞭らしいので、普通に一般コースを歩きます。
先に行けば、巻き道コースと鎖場コースの分岐がありましたが、もちろん鎖場コースを選択。

2020100308

しばらく行くと鎖場。写真だと分からないと思いますが、とても長い鎖場で30mくらいあるらしいです。
一気に登るのは難しく、途中で一呼吸休まないと無理です。
比較的取り付きやすいですが長いですし、過去に死亡事故なども起きています。
コンディションの悪いときなどは巻き道を進んだ方が良いと思います。

2020100309

やっと男体山と女体山の鞍部。ガイドだと女体山に向かう方が無難とありましたが、やっぱり男体山に登ってみたくなりました。

2020100311

鎖場はなかなか厳しく、鎖を使って体を持ち上げなくてはいけない所が多々あります。
最後はほぼ垂直の登り、久しぶりにドキドキしましたが、なんとか山頂。
お一人休んでいました。

2020100310

やはり目の前に女体山が見えますが、そちらも岩ですね。
下は切れ落ちているので高度感半端ないです。

2020100312

男体山の下りの厳しかったこと!足場が見つからなかった所はどうしようかと思いました。
鎖にすがってなんとか下ることができました。
せっかくなので女体山も鎖場を選択。岩場で手の甲を擦ってしまい、ちょいと傷を作ってしまいました。

2020100313

ついさっき、あの男体山の岩の上にいたんですよね。自分でも信じられないくらいです。

2020100314

男体山に比べると比較的歩き回れますが、それでも端に寄るのは止めておきました。

2020100315

もう鎖はないと思っていたら、女体山から月山に向かう下りでも鎖やロープがありました。
それをこなして岩場を巻いて進むと転がり落ちそうな岩の下が道になっています。

2020100316

ちょっと急な登りなどもありましたが、普通の尾根歩きで、しばらく行けば山頂分岐。

2020100317

数分で二ッ箭山の山頂に到着。四等三角点がありました。屹兎屋山方面に踏み跡が続いていました。

2020100319

のんびり気分になってどちらかというと下りの道を進んでいくとあっけなく石祠のある月山に到着。

2020100318

岩場から男体山、女体山を眺めることができました。

2020100320

少し下ると分岐。桐ヶ丘登山口に向かう道はやさしそうな尾根道。でも、ここは右へ月山尾根へ下ります。

2020100321

その道がまた岩ゴロの急降下。
ロープなどが欲しいくらいの所もありますが、ないので少し慎重に下らなくてはいけない所もありました。
だいぶ下ると分岐があり、〆張場への道が分岐しますが、あまり歩かれてはいなさそうです。

2020100322

ひたすら下って、行きに通った分岐に出ました。

2020100323

登山口に戻り、振り返りました。小粒だけれど、なかなかハードな山でした。

2020100324

往路を戻りますが、時間に余裕があったので、草野心平生家に立ち寄りました。
中には入りませんでしたが、いかにも日本家屋という感じでした。

2020100325

小川郷駅に戻って終了。まだ列車まで余裕がありました。

2020100326

ホームからも二ッ箭山を見ることができました。良い山でした。

 

|

« 浜離宮庭園、旧芝離宮、愛宕神社 | トップページ | 鷲子山へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜離宮庭園、旧芝離宮、愛宕神社 | トップページ | 鷲子山へ »