« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

オッ立南尾根からお坊山

11/14は大菩薩へ。

2020111401

笹子駅が歩き出し。

2020111402

久しぶりに道証地蔵へ向かいます。田通之姥神は石棒ですね。

2020111403

道証地蔵もだいぶ古びましたね。

2020111404

オッ立南尾根に向かいますが、この日は沢の水量がそれなりにあって濡れないと先に進めそうなので手前から取り付きました。

2020111405

しかし超急斜面で下手すると転げ落ちる斜面。やっとのことで登り着きましたが危険でした。先には鉄塔があって一安心。

2020111406

その先もそれなりに急登で登り、少し下ると雰囲気が良い所を通ります。

2020111407

先へ進むとさらに急登。

2020111408

でもこんな木もあって楽しませてくれました。

2020111409

さらに上に登ると小岩混じりの急登。えらくきついです。

2020111410

樹林がきれいになってくるともう上部のようですが、ここまで来るのに随分疲れました。

2020111411

ということで結構疲れましたが、オッ立の山頂。
縦走路から離れているので来る人はあまりいないようで、踏み跡もほとんどありません。

2020111412

縦走路に下りますが、こちらも踏み跡はわずか。最近はこのあたり歩く人は少なそうですね。

2020111413

下って登って大鹿峠。ロープ張られていますが、その先は山抜けがあったみたいですね。
甲斐大和駅への道ももう少し手前からの分岐に付け替えられていますね。

2020111414

お坊山へ登りはやっぱりきつい。足にだいぶ来ましたが、頑張って東峰への分岐を過ぎてあとちょっと。

2020111415

お坊山に着くと素晴らしい展望。この山頂からこんなにきれいな展望を見たのは初めてかも。
南アルプスや八ヶ岳、その脇に北アルプスか中央アルプスか、白い山がちらりと見えました。

2020111416

わずかに先からも富士山ばっちりでした。

2020111417

下山は南東尾根へ。もうこのベンチは原型をとどめていませんね。

2020111418

今回は今まであるいた時よりも葉が落ちているので進路が分かりやすいのが良かったのですが、落ち葉が多くて滑りやすく、そちらの方が大変でした。

2020111419

ちょっと紅葉は茶色が多いのが幻滅。でもこんな良い天気の日は素敵。

2020111420

入道山で少し休みました。

2020111421

下っていけば、時にはこんな木も。

2020111422

切り取れば、こんなモミジもあって、やはり秋は良いですね。

2020111423

先へ進んで急降下の始まる場所。

2020111424

今回はテープに従って下ると難なく高速の側道に降りられました。
獣害避けのフェンスがあって開けられるか心配になりましたが、鍵はなかったです。

2020111425

やはりどこまでも青空。こんな日はどこを歩いても楽しいですね。

2020111426

ということで最後は笹一酒造。残念ながらコロナの事もあるので、今年は新酒まつりはなく、試飲のみ。
純米になった新酒は以前よりきつい感じ。試飲も日本酒よりワインをたくさん飲みました。
もちろん新酒も買いましたが、滅多に飲まない白ワインを購入。
デラウェアという銘柄の葡萄を使ったもので、まるでジュースのように葡萄の香りがあって美味しいワインでした。
でも、新酒も家で飲んだら、しっかり美味しかったですよ。

 

| | コメント (4)

鶴寝山へ

11/8は鶴寝山へ。

2020110801

天気予報は大外れ。晴れの予報だったのにどんよりです。
上野原駅からのバスを鶴峠で下車するとすぐにきれいな木が。
晴れていればなぁ。

2020110802

登っていくとやはり黄色はきれいな感じ。

2020110803

途中、CSF(豚熱)に感染したイノシシが村内で発見されたということで消毒用石灰を踏んで入山するように書かれていました。
そういえばこないだ清浄国を外されたとかニュースでやってましたね。

2020110804

一瞬だけ日差しが。あっという間に戻りました。

2020110805

奈良倉山からもご覧の通りのありさまで休む気にもなれません。

2020110806

林道状の山道はカラマツもきれい。

2020110807

山道を辿るとなかなか良い雰囲気。

2020110808

松姫峠の手前もきれいな木が。少し見えているのはバスです。

2020110809

鶴寝山へ向かいますが、やはりオレンジが主体。でもそれなりにきれいです。

2020110810

鶴寝山の山頂もやっぱりこんな感じ。富士山どころではないですね。

2020110811

先にある巨樹も健在。

2020110812

巨樹コースを辿りました。こちらもなかなか。

2020110813

赤い木が。晴れていれば映えたでしょうね。

2020110814

山沢入りのヌタ付近も良い雰囲気。

2020110815

せっかくなので久しぶりにトチの巨樹に会いに行きました。大きすぎて全部写せないんですよね。

2020110816

往路を戻って日向道を選択。紅葉を楽しみながら鶴寝山に戻ります。

2020110817

ここも晴れていればなぁ。(そればっかり)

2020110818

鶴寝山北尾根に入ります。急降下すると木祠がありました。

2020110819

先へ進み、小永田浅間神社。奥に木祠がありました。

2020110820

尾根は広く、磁石で確認しながら下りました。

2020110821

下部になると古い山道っぽいものも出てきました。紅葉がきれいな感じ。

2020110823

しかし、最後の急降下はいつものように失敗して私有地に降りちゃいました。
申し訳なく思いながら通らせてもらって小菅の湯の駐車場に出ました。
この日は人だらけだったので入浴せず、奥多摩駅に出て帰りました。
たぶん渋滞にはまるだろうなと思いましたが、予想外に渋滞はなく、普通に帰れました。

 

| | コメント (0)

江戸東京たてもの園 散歩

11/7は小金井へ。

2020110701

武蔵小金井駅からまっすぐ道路をしばらく歩いていくと小金井公園。15分くらい歩いたかな。
桜の木がたくさんあって、春には楽しいでしょうね。

2020110702

SLや客車などもありました。

2020110703

ということで江戸東京たてもの園。観覧料は400円です。

2020110704

有名な人の古い建築物などが保存されています。中に入って見学もできます。
こちらは西川伊左衛門という製紙会社を設立した実業家の別邸。

2020110705

なんか東京とは思えない雰囲気の庭。向こうは高橋是清という政治家の母屋。
赤坂にあったこの家の二階で2.26事件で凶弾に倒れたということです。

2020110706

懐かしい都電も保存されています。ドアが開いていますが、ロープが張られ、外からしか見学できません。

2020110707

懐かしいような古い建物がたくさん並んでいます。手前は荒物屋。

2020110708

こちらは鰹節店。タバコを売る窓口は、今でもありそうな雰囲気ですね。

2020110709

リヤカーの付いた自転車が懐かしい。自分の子供の頃にはまだありましたよ。

2020110710

子宝湯。銭湯ですね。つい最近まで地元にもこんな感じの銭湯がありましたが、いつの間にか無くなってしまいました。
ちなみに男性でも女湯に入れます。入浴している人はいません、って当たり前か。
赤ん坊用の秤なんかも置いてありました。

2020110711

酒屋は飲み屋も兼ねていて、本物そっくりに瓶が置いてあったり、メニューが書いてあって飲みたくなりました。

2020110712

なぜか土管。最近は空き地とかないし、あってもこんなものは置いてないですね。
なんかこれを見るとドラえもんを思い出しちゃいますね。

2020110713

立派な農家などもあります。

2020110714

干し柿を作るこんな景色、山の方で何度か見かけたことがあります。

2020110715

この日は少し木々が色づいていました。

2020110716

レトロなバスなんかもあります。

2020110717

田園調布の家、平屋だけど、きれいな家で住みたいですね。

他にもたくさんの家が立ち並び、急ぎ足でほぼ全部回ったら二時間以上かかりました。
ゆっくり回れば一日楽しめるかも。

花小金井駅まで歩いて西武線で帰りました。

 

| | コメント (0)

高取山から大高取山へ

11/3は奥武蔵へ。

2020110301

久しぶりの越生駅。なんと駅舎が新装工事中。きれいになるのですね。

2020110302

しばらく歩いて越生神社にお参り。

2020110303

少し先が高取山の登山口。

2020110304

入ると石碑がありますが、なんと書かれているのか読めません。

2020110305

淡々と登ると奥社のある高取山。このあたりは城跡だったようで、ここが主郭だったようです。
静かな場所で昼食にしました。

2020110306

近くには枝分かれした木が。スダジイらしいです。

2020110307

尾根を進むと良い道と合流し、そのまま先へ登っていくと西山高取への分岐。せっかくなので西山高取に立ち寄ることにします。

2020110308

無名戦士の墓方面から人がやってきていたようです。越生方面の眺めが少しありました。
モードを変えたら天気の悪い日でも結構写るなぁ。カメラは使いこなしが大事ですね。(^^;

2020110309

大高取山に向かうと白石様との表示。信仰の対象だそうですが、切り出されて虚空蔵尊の石段などに使われたとか。

20201103010

久しぶりの大高取山。あれ、右手に眺めが。

2020110311

いつの間にか切り開かれたのですね。樹林の中の山頂が恋しいような気もしました。

2020110312

往路を少し戻り先へ進みます。分岐をさらに先へ。

2020110313

ちょっと滑りやすい道を下っていくと久しぶりの桂木観音。

2020110314

近くには三角点があるのですが、四等三角点は埋まっています。

2020110315

このあたりはユズの里。たくさんユズが実っていますが、収穫はもう少し先かな。

2020110316

虚空蔵尊に向かいますが、途中にはゆうパーク越生の表示。でも今はOparkおごせという施設に変わったようです。

2020110317

樹林の中を下っていくと虚空蔵尊分岐。左へ。

2020110318

久しぶりの虚空蔵尊でお参り。

2020110319

大きなイチョウの木がありましたが、まだ色づいていませんでした。

2020110320

ということでのんびり歩いて越生駅。八高線の列車が来るまでわずかな待ちだったのでそちら経由で帰りました。

 

| | コメント (2)

岳温泉 岳の湯

長時間バス待ちだったので体が冷えたし、やはり温泉に入って帰りたいと二本松駅からバスで岳温泉へ。

2020103124

岳温泉バス停から横断歩道を渡った反対側という近い施設。
その上350円と登山者には嬉しい低料金で気軽に入れます。公衆浴場的に使われているようです。

お湯は単純酸性泉ということですが、硫黄の香りたっぷりのお湯。
少し白濁していて、もちろん湯の華がたくさん舞っています。

やはりしっかりと温まり、硫黄の香りが体にたっぷりと染み込みました。
良いお湯でした。

時間が余ったのでお土産屋さんを物色。
岳温泉名物と書かれたみそまんじゅうを買ってみました。
家で食べたらなかなかの美味しさ。
数が少ないものを買ったのですが、もう少し個数のあるものを買っても良かったかなと思いました。

 

| | コメント (0)

日山へ

10/31は日山へ。

2020103101

前日は二本松駅近くに宿泊。バスを乗り継いで田沢で下車。

2020103102

この日は風が冷たかったです。だいぶ歩いて田沢登山口(下)。

2020103103

しばらく道を進むと日山原生林遊歩道というのがありましたが、そのまま山頂に向かいました。

2020103104

登っていくとカヤトが広がっている所がありました。
昔はこのあたり牧場があったようですが、今はもうないみたいです。

2020103105

田沢登山口(上)からの道と合流すると御神水と思われる場所。でもこの時期涸れているようです。

2020103106

樹林の中を登っていきます。鎌倉岳よりもこちらの方が紅葉が進んでいたようで、落葉気味のようです。

2020103107

風がありましたが、その中を登っていくと日山の山頂。こちらは日山神社。

2020103108

木造の展望台があり、登ってみました。風が強く、ヒューヒューと展望台が鳴っていました。
以前は富士山の見える最遠の山だったようです。もちろん見るのは相当条件が合わないと無理だと思います。
もうすっかり覚えた大滝根山がよく見えました。

2020103110

この写真だとあまり見えませんが、安達太良山などの山を見ることができました。

2020103109

バス時間に余裕があるので、山頂でのんびりとします。この山頂には二つの神社があり、こちらは旭神社。

2020103111

山頂での長いひとときを過ごし、下山にかかります。茂原登山口を目指しました。
少し下ると胎内岩。もちろん中を通りました。

2020103112

きれいな樹林の中を緩やかに下っていきます。

2020103113

途中でお一人登ってきた方に会いました。この日会った唯一の登山者。
途中、紅葉していましたが、やはりオレンジですね。

2020103114

黄葉の中を歩くのも悪い感じではありません。

2020103115

だいぶ歩いて移という所への分岐を過ぎます。

2020103116

先へ下っていくと右側が開けました。良い眺めの中を少し下ると右に休憩舎があるので立ち寄ります。
右手を振り返るように見ればもう日山が高かったです。

2020103117

休憩舎に座って広い眺めを楽しみました。写真右の山は近くの麓山。向こうは安達太良山でしょう。

2020103118

最後は疑似木段の急降下で鳥居をくぐり、キャンプ場の駐車場に出ました。
鳥居はやはり旭神社になっていますね。

2020103119

天気の良い一日。のんびり道路を田沢登山口(下)へ戻ります。
途中でさきほどの人に会いました。車を茂原登山口に置いていたのかな。

2020103120

田沢登山口(下)に戻りました。

2020103121

往路の道路を戻り、田沢のバス停へ。しかしバスは2時間待ち。

2020103122

バス停の近くに熊野神社とあったので立ち寄って良い山を歩けたことを感謝してお祈り。

2020103123

登山口入口の表示ある近くに公園があるのでそちらで時間待ち。
天気も良いので、草地に寝転んで日山を眺めたり、本を読んだりしてのんびり待ちました。

再びバスを乗り継いで、二本松駅に出ました。

 

| | コメント (0)

鎌倉岳(常葉)へ

再び福島へ。

2020103001

毎回3時起きは辛いので、今回はケチらず新幹線で郡山。乗り換えて磐越東線船引駅で下車。きれいな駅舎。

2020103002

平日限定の古道行きのバスに乗り、山根バス停で下車。

2020103003

このところ林道でミスるので、先に鰍登山口に向かいます。
萩平登山口への分岐を過ぎると右側に鎌倉岳がよく見えます。やはり岩峰です。

2020103004

今はもう廃止されたらしく、使われていない元中野区常葉少年自然の家の横が鰍コース入口。

2020103005

少し横の灌木がうるさいですが、分岐には必ず道標があって迷うことはありませんでした。
しばらく登ると岩場を左に見ます。

2020103006

登っていくとやがて萩平コースと合流し、少し先が石切り場跡。

2020103007

ロープの付いた岩の登りとかあって、楽しい道です。紅葉も良い所がありました。

2020103008

今年の紅葉なのでこんなところでしょうね。それでもやはり紅葉の中を登るのは悪くないですね。

2020103009

きつい登りをひたすら登って山頂。ちょっと雲が来て天気が不安定ですが、遠くに先日登った大滝根山が見えました。

2020103011

山頂には大きな石祠。

2020103012

結構風があって休んでいると寒かったです。
登ってきた単独の女性があさかやまも風が強かったと話をしていました。
あさかやまとは安積山、額取山の事でしょうね。
海も見えると言われて、そちらを見ると確かに海が見えました。

2020103013

往路を少し戻ると左に道が分かれていました。西戸コースなどへの分岐でしょうね。

2020103014

ちょっと赤っぽいオレンジのモミジがありました。

2020103015

石切り場跡の先で萩平コースを下ります。

2020103016

そちらにも大きな岩を見ました。コース自体は特にこれというものもなく、淡々と下って登山口。

2020103017

民家を見て道路を下ります。振り返るともう鎌倉岳が高いです。しかし、雲が来るのが早いなぁ。

2020103018

のんびり歩いているとこちらの地方は藁の積み方がオブジェみたいで面白いですね。

2020103019

船引駅行きのバスは約一時間待ち。体が冷えきってしまって震えるくらいでした。

 

| | コメント (0)

紅富士の湯

ちょっと時間があったので、少し歩いて紅富士の湯へ。

2020102523

入浴料は800円。券売機で買って提出する形です。検温してから入ります。

お風呂は広く、内湯から富士山が眺められました。
露天風呂はからは富士は見えませんでしたが、紅葉した木を見ることができ、広い感じで悪くないお風呂でした。

お湯はアルカリ性単純泉ということですが、少し循環臭がありました。
まあ、効能を求めるというよりは、やはり富士を見るお湯という所でしょうね。

でも、それなりに温まることができました。

 

| | コメント (0)

富士を眺める石割山

10/25は山梨へ。

2020102501
晴れの予報だったので、久しぶりにバスタ新宿から高速バスで平野へ。
どうせ予報通りには晴れないだろうと交通費をケチりました。高速バスだと随分安いですからね。
コロナになってから高速バスに乗るのは初めて。少し遅れたけど、これは想定内。
しかし、ものすごい良い天気。これは想定外。

2020102502

しばらく道路を歩いて登山口。

2020102503

やっぱり青空は気持ち良いですね。

2020102504

石段を登っていくと、素晴らしいモミジ!

2020102505

ちょっと石段が長くてきつかったけど、普通の山道もそれなりに登らされます。
人が多いのですが、やはり紅葉の素晴らしさが忘れさせてくれます。

2020102506

石割神社の近くはやはり高い木が多いですね。

2020102507

久しぶりの石割神社ですが、家族連れが多く、子供がはしゃぎまわっている状態なので、
軽くお祈りして素通り。

2020102508

少し色は悪くなるものの、それなりに色づいた木もあってやっぱり良いです。

2020102509

モミジはたまりませんね。

2020102510

そして期待していた山頂に飛び出ると、ドカーンと富士山。
前回来た時は雲の中だったのでやっぱり見えると嬉しいです。
しかし、お昼近い時間でこんなに雲がないのも珍しいですね。

2020102511

南アルプスの山々もしっかりでした。

2020102512

御正体山もばっちり。前はあそこからこの山まで歩いてきたんだよなぁ。。。

2020102513

平尾山の方に向かうとちょっと歩きにくい道でしたが、リンドウを見かけました。

2020102514

平尾山はやはり富士の展望台。ススキが良い雰囲気でした。

2020102515

結構木段のアップダウンが多くて疲れます。やっと大平山。

2020102516

反対にはもう石割山が少し遠くなっていました。

2020102517

もちろんここも富士山ばっちり。
写真が曲がっているように見えますが、実際、裾野が左に広がっていて、肉眼でも斜めっているように見えるので不思議。

2020102518

下っていくとヤマラッキョウが咲いていて、会うのは久しぶりだなぁ。

2020102519

小さな飯盛山には小さなベンチ。ここからも富士が目の前。

2020102520

さらに歩いていくと電波施設のある長池山。ここからも見えます。

2020102521

どんどん下って大出山入口のバス停の先は山中湖をはさんでの富士。
しかし、午後のこんな時間になってもまだ雲一つかからないとは吃驚。

2020102522

ホテルマウント富士入口に出ました。今は富士山 山中湖というバス停になっているのですね。

本当に富士を一日眺められた快晴の素晴らしい山歩きになりました。

 

しか~し、ケチったので帰りも高速バスを予約していました。15時40分のバスを待つこと40分遅れ。
さらに中央道は大渋滞。結局3時間40分も遅れて、18時前に着くはずのバスが21時40分にバスタ新宿に到着。
やっぱり紅葉時期は電車の方がラクでした。トホホ。(T_T)

 

| | コメント (2)

東吾野駅から物見山、日和田山

10/24は久しぶりに奥武蔵。いつも日和田山から物見山ですが、たまにはということで逆コースにしてみました。

2020102401

西武線東吾野駅が歩き出し。

2020102402

昔からの福徳寺が登り口。

2020102403

久しぶりの橋本山。だいぶ草が伸びたようです。

2020102404

それでもまだ石などに乗れば眺めが楽しめました。

2020102405

しばらく登ってユガテ。コスモスがたくさん咲いていました。

2020102406

柿がたくさん生っていました。

2020102407

歩いていくと北向地蔵。お参りしている人が多かったです。

2020102408

どんどん歩いて物見山。途中、ちょっと下りにくく、やはり逆コースは歩きにくい感じでした。

2020102409

先へ進んで茶屋の先からは眺めがありますが、すっかりどんより。天気予報は外れみたいです。

2020102410

高指山のあたりは木が切られて電波施設がそのまま見えました。先に進む踏み跡があったので入ってみましたが、どうやら昔の散策路だった雰囲気、結局、戻る羽目になりました。

2020102411

きちんとした登山道を歩いて日和田山。遠くの山もぼんやりでした。

2020102412

どうもカメラを直してから天気の悪い日はあんまりきれいに写せないみたいです。
画像処理を変更されたかな。金毘羅神社の鳥居からはそれでも丹沢の大山あたりが見えました。

2020102413

路面のコンディションがよくないので女坂を下りました。

2020102414

時間が早いので、久しぶりに巾着田を散策。

2020102415

酔芙蓉が咲いていました。

2020102416

のんびり歩くのもまた良いものですね。

2020102417

今年はコロナのせいで刈り取ってしまったらしいヒガンバナ。
ほとんど終わっていましたが、しぶとく咲いている花を見つけました。

2020102418

高麗駅に出て帰りました。

 

| | コメント (2)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »