« 東吾野駅から物見山、日和田山 | トップページ | 紅富士の湯 »

富士を眺める石割山

10/25は山梨へ。

2020102501
晴れの予報だったので、久しぶりにバスタ新宿から高速バスで平野へ。
どうせ予報通りには晴れないだろうと交通費をケチりました。高速バスだと随分安いですからね。
コロナになってから高速バスに乗るのは初めて。少し遅れたけど、これは想定内。
しかし、ものすごい良い天気。これは想定外。

2020102502

しばらく道路を歩いて登山口。

2020102503

やっぱり青空は気持ち良いですね。

2020102504

石段を登っていくと、素晴らしいモミジ!

2020102505

ちょっと石段が長くてきつかったけど、普通の山道もそれなりに登らされます。
人が多いのですが、やはり紅葉の素晴らしさが忘れさせてくれます。

2020102506

石割神社の近くはやはり高い木が多いですね。

2020102507

久しぶりの石割神社ですが、家族連れが多く、子供がはしゃぎまわっている状態なので、
軽くお祈りして素通り。

2020102508

少し色は悪くなるものの、それなりに色づいた木もあってやっぱり良いです。

2020102509

モミジはたまりませんね。

2020102510

そして期待していた山頂に飛び出ると、ドカーンと富士山。
前回来た時は雲の中だったのでやっぱり見えると嬉しいです。
しかし、お昼近い時間でこんなに雲がないのも珍しいですね。

2020102511

南アルプスの山々もしっかりでした。

2020102512

御正体山もばっちり。前はあそこからこの山まで歩いてきたんだよなぁ。。。

2020102513

平尾山の方に向かうとちょっと歩きにくい道でしたが、リンドウを見かけました。

2020102514

平尾山はやはり富士の展望台。ススキが良い雰囲気でした。

2020102515

結構木段のアップダウンが多くて疲れます。やっと大平山。

2020102516

反対にはもう石割山が少し遠くなっていました。

2020102517

もちろんここも富士山ばっちり。
写真が曲がっているように見えますが、実際、裾野が左に広がっていて、肉眼でも斜めっているように見えるので不思議。

2020102518

下っていくとヤマラッキョウが咲いていて、会うのは久しぶりだなぁ。

2020102519

小さな飯盛山には小さなベンチ。ここからも富士が目の前。

2020102520

さらに歩いていくと電波施設のある長池山。ここからも見えます。

2020102521

どんどん下って大出山入口のバス停の先は山中湖をはさんでの富士。
しかし、午後のこんな時間になってもまだ雲一つかからないとは吃驚。

2020102522

ホテルマウント富士入口に出ました。今は富士山 山中湖というバス停になっているのですね。

本当に富士を一日眺められた快晴の素晴らしい山歩きになりました。

 

しか~し、ケチったので帰りも高速バスを予約していました。15時40分のバスを待つこと40分遅れ。
さらに中央道は大渋滞。結局3時間40分も遅れて、18時前に着くはずのバスが21時40分にバスタ新宿に到着。
やっぱり紅葉時期は電車の方がラクでした。トホホ。(T_T)

 

« 東吾野駅から物見山、日和田山 | トップページ | 紅富士の湯 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

あ~わかります。
高速バスって乗ってしまったら都内に入るまで降りれない(降りても駅までの移動が厳しい)のが辛いですよね。
以前、三鷹で降りたことありますが、そこからまた路線バスに乗り換えて三鷹駅まで行くのも大変でした・笑
富士五湖方面行のバスは、昨年まではインバウンド需要ですぐに満席になってしまい、
昔のように直前予約できずにいたので、コロナ禍で少しは良くなったと思いきや、
やっぱり相模湖あたりの渋滞は変わらないんですね。
大月駅での乗り換えがないから、スムーズにいけば便利で良いんですけどね。
でも真っ青な空の下、富士山眺めながらの山歩きは爽快ですもん、
晴れてよかったですね~

cyu2さん、こんにちは。

自分も三鷹駅に簡単に出られたら帰りが早いのですが、バス乗り換えとか面倒ですね。
トランクにザックを入れてしまったので、降りるのに気が引けたというのもありましたが。

何日か前にホントは土曜日にと思って調べたんですがほぼ満席、
少しだけ天気予報が日曜日の方が良かったので、ままいいか的に日曜日にしたんです。
逆に最高でしたけどね。

小仏トンネル渋滞は慢性的ですね。
調べたら対策のために追加トンネルを掘るらしいですけど、少なくとも2026年まで工事とか。気の長い話みたいです。その頃はコロナはどうなっているかなぁ。

このコースは初めてだったのですが、ここはやはりお天気の日に歩きたいと思っていました。
まさかホントにこんなに良い天気で歩けるとは自分でも吃驚でした。
これだから山歩きは止められないんですよね~。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東吾野駅から物見山、日和田山 | トップページ | 紅富士の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ