« 江戸東京たてもの園 散歩 | トップページ | オッ立南尾根からお坊山 »

鶴寝山へ

11/8は鶴寝山へ。

2020110801

天気予報は大外れ。晴れの予報だったのにどんよりです。
上野原駅からのバスを鶴峠で下車するとすぐにきれいな木が。
晴れていればなぁ。

2020110802

登っていくとやはり黄色はきれいな感じ。

2020110803

途中、CSF(豚熱)に感染したイノシシが村内で発見されたということで消毒用石灰を踏んで入山するように書かれていました。
そういえばこないだ清浄国を外されたとかニュースでやってましたね。

2020110804

一瞬だけ日差しが。あっという間に戻りました。

2020110805

奈良倉山からもご覧の通りのありさまで休む気にもなれません。

2020110806

林道状の山道はカラマツもきれい。

2020110807

山道を辿るとなかなか良い雰囲気。

2020110808

松姫峠の手前もきれいな木が。少し見えているのはバスです。

2020110809

鶴寝山へ向かいますが、やはりオレンジが主体。でもそれなりにきれいです。

2020110810

鶴寝山の山頂もやっぱりこんな感じ。富士山どころではないですね。

2020110811

先にある巨樹も健在。

2020110812

巨樹コースを辿りました。こちらもなかなか。

2020110813

赤い木が。晴れていれば映えたでしょうね。

2020110814

山沢入りのヌタ付近も良い雰囲気。

2020110815

せっかくなので久しぶりにトチの巨樹に会いに行きました。大きすぎて全部写せないんですよね。

2020110816

往路を戻って日向道を選択。紅葉を楽しみながら鶴寝山に戻ります。

2020110817

ここも晴れていればなぁ。(そればっかり)

2020110818

鶴寝山北尾根に入ります。急降下すると木祠がありました。

2020110819

先へ進み、小永田浅間神社。奥に木祠がありました。

2020110820

尾根は広く、磁石で確認しながら下りました。

2020110821

下部になると古い山道っぽいものも出てきました。紅葉がきれいな感じ。

2020110823

しかし、最後の急降下はいつものように失敗して私有地に降りちゃいました。
申し訳なく思いながら通らせてもらって小菅の湯の駐車場に出ました。
この日は人だらけだったので入浴せず、奥多摩駅に出て帰りました。
たぶん渋滞にはまるだろうなと思いましたが、予想外に渋滞はなく、普通に帰れました。

 

« 江戸東京たてもの園 散歩 | トップページ | オッ立南尾根からお坊山 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸東京たてもの園 散歩 | トップページ | オッ立南尾根からお坊山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ