« 鎌倉岳(常葉)へ | トップページ | 岳温泉 岳の湯 »

日山へ

10/31は日山へ。

2020103101

前日は二本松駅近くに宿泊。バスを乗り継いで田沢で下車。

2020103102

この日は風が冷たかったです。だいぶ歩いて田沢登山口(下)。

2020103103

しばらく道を進むと日山原生林遊歩道というのがありましたが、そのまま山頂に向かいました。

2020103104

登っていくとカヤトが広がっている所がありました。
昔はこのあたり牧場があったようですが、今はもうないみたいです。

2020103105

田沢登山口(上)からの道と合流すると御神水と思われる場所。でもこの時期涸れているようです。

2020103106

樹林の中を登っていきます。鎌倉岳よりもこちらの方が紅葉が進んでいたようで、落葉気味のようです。

2020103107

風がありましたが、その中を登っていくと日山の山頂。こちらは日山神社。

2020103108

木造の展望台があり、登ってみました。風が強く、ヒューヒューと展望台が鳴っていました。
以前は富士山の見える最遠の山だったようです。もちろん見るのは相当条件が合わないと無理だと思います。
もうすっかり覚えた大滝根山がよく見えました。

2020103110

この写真だとあまり見えませんが、安達太良山などの山を見ることができました。

2020103109

バス時間に余裕があるので、山頂でのんびりとします。この山頂には二つの神社があり、こちらは旭神社。

2020103111

山頂での長いひとときを過ごし、下山にかかります。茂原登山口を目指しました。
少し下ると胎内岩。もちろん中を通りました。

2020103112

きれいな樹林の中を緩やかに下っていきます。

2020103113

途中でお一人登ってきた方に会いました。この日会った唯一の登山者。
途中、紅葉していましたが、やはりオレンジですね。

2020103114

黄葉の中を歩くのも悪い感じではありません。

2020103115

だいぶ歩いて移という所への分岐を過ぎます。

2020103116

先へ下っていくと右側が開けました。良い眺めの中を少し下ると右に休憩舎があるので立ち寄ります。
右手を振り返るように見ればもう日山が高かったです。

2020103117

休憩舎に座って広い眺めを楽しみました。写真右の山は近くの麓山。向こうは安達太良山でしょう。

2020103118

最後は疑似木段の急降下で鳥居をくぐり、キャンプ場の駐車場に出ました。
鳥居はやはり旭神社になっていますね。

2020103119

天気の良い一日。のんびり道路を田沢登山口(下)へ戻ります。
途中でさきほどの人に会いました。車を茂原登山口に置いていたのかな。

2020103120

田沢登山口(下)に戻りました。

2020103121

往路の道路を戻り、田沢のバス停へ。しかしバスは2時間待ち。

2020103122

バス停の近くに熊野神社とあったので立ち寄って良い山を歩けたことを感謝してお祈り。

2020103123

登山口入口の表示ある近くに公園があるのでそちらで時間待ち。
天気も良いので、草地に寝転んで日山を眺めたり、本を読んだりしてのんびり待ちました。

再びバスを乗り継いで、二本松駅に出ました。

 

« 鎌倉岳(常葉)へ | トップページ | 岳温泉 岳の湯 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉岳(常葉)へ | トップページ | 岳温泉 岳の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ