« 一盃山 | トップページ | 富士を眺める石割山 »

東吾野駅から物見山、日和田山

10/24は久しぶりに奥武蔵。いつも日和田山から物見山ですが、たまにはということで逆コースにしてみました。

2020102401

西武線東吾野駅が歩き出し。

2020102402

昔からの福徳寺が登り口。

2020102403

久しぶりの橋本山。だいぶ草が伸びたようです。

2020102404

それでもまだ石などに乗れば眺めが楽しめました。

2020102405

しばらく登ってユガテ。コスモスがたくさん咲いていました。

2020102406

柿がたくさん生っていました。

2020102407

歩いていくと北向地蔵。お参りしている人が多かったです。

2020102408

どんどん歩いて物見山。途中、ちょっと下りにくく、やはり逆コースは歩きにくい感じでした。

2020102409

先へ進んで茶屋の先からは眺めがありますが、すっかりどんより。天気予報は外れみたいです。

2020102410

高指山のあたりは木が切られて電波施設がそのまま見えました。先に進む踏み跡があったので入ってみましたが、どうやら昔の散策路だった雰囲気、結局、戻る羽目になりました。

2020102411

きちんとした登山道を歩いて日和田山。遠くの山もぼんやりでした。

2020102412

どうもカメラを直してから天気の悪い日はあんまりきれいに写せないみたいです。
画像処理を変更されたかな。金毘羅神社の鳥居からはそれでも丹沢の大山あたりが見えました。

2020102413

路面のコンディションがよくないので女坂を下りました。

2020102414

時間が早いので、久しぶりに巾着田を散策。

2020102415

酔芙蓉が咲いていました。

2020102416

のんびり歩くのもまた良いものですね。

2020102417

今年はコロナのせいで刈り取ってしまったらしいヒガンバナ。
ほとんど終わっていましたが、しぶとく咲いている花を見つけました。

2020102418

高麗駅に出て帰りました。

 

« 一盃山 | トップページ | 富士を眺める石割山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは!
日和田山からユガテは、ずっと以前に歩いたことがあり、懐かしいです。
一緒に歩いた若いころからの友は、その後 一人で外出することができなくなり
思い出すと悲しくなる山でもあります。
ヒガンバナは可哀そうでしたね。
丹精こめてお世話をされていた方々は どんなお気持ちだったかと・・。
来年はコロナが終息してくれるといいですね。

はなねこさん、こんにちは。

自分はこちらへは高尾へ行くのと同じくらいの交通費で行けるので、ときおりふらっと登る山です。
ユガテはとても雰囲気が好きな所です。

山歩きは何かの出来事と合わせて記憶に残る事が多いですね。
できれば楽しい事とセットの思い出になると良いのですが。。。

巾着田はきちんと植えているようです。それを刈り取るのですからね。
どこからかの指示があったのでしょうけど、
宣伝やイベントは自粛するにしてもお花は刈り取らなくても良いような気がしました。野外ですし。

外国の現状を考えると、終息はなかなか難しそうに見えますね。
希望は捨てたくありませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一盃山 | トップページ | 富士を眺める石割山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ