« 高取山から大高取山へ | トップページ | 鶴寝山へ »

江戸東京たてもの園 散歩

11/7は小金井へ。

2020110701

武蔵小金井駅からまっすぐ道路をしばらく歩いていくと小金井公園。15分くらい歩いたかな。
桜の木がたくさんあって、春には楽しいでしょうね。

2020110702

SLや客車などもありました。

2020110703

ということで江戸東京たてもの園。観覧料は400円です。

2020110704

有名な人の古い建築物などが保存されています。中に入って見学もできます。
こちらは西川伊左衛門という製紙会社を設立した実業家の別邸。

2020110705

なんか東京とは思えない雰囲気の庭。向こうは高橋是清という政治家の母屋。
赤坂にあったこの家の二階で2.26事件で凶弾に倒れたということです。

2020110706

懐かしい都電も保存されています。ドアが開いていますが、ロープが張られ、外からしか見学できません。

2020110707

懐かしいような古い建物がたくさん並んでいます。手前は荒物屋。

2020110708

こちらは鰹節店。タバコを売る窓口は、今でもありそうな雰囲気ですね。

2020110709

リヤカーの付いた自転車が懐かしい。自分の子供の頃にはまだありましたよ。

2020110710

子宝湯。銭湯ですね。つい最近まで地元にもこんな感じの銭湯がありましたが、いつの間にか無くなってしまいました。
ちなみに男性でも女湯に入れます。入浴している人はいません、って当たり前か。
赤ん坊用の秤なんかも置いてありました。

2020110711

酒屋は飲み屋も兼ねていて、本物そっくりに瓶が置いてあったり、メニューが書いてあって飲みたくなりました。

2020110712

なぜか土管。最近は空き地とかないし、あってもこんなものは置いてないですね。
なんかこれを見るとドラえもんを思い出しちゃいますね。

2020110713

立派な農家などもあります。

2020110714

干し柿を作るこんな景色、山の方で何度か見かけたことがあります。

2020110715

この日は少し木々が色づいていました。

2020110716

レトロなバスなんかもあります。

2020110717

田園調布の家、平屋だけど、きれいな家で住みたいですね。

他にもたくさんの家が立ち並び、急ぎ足でほぼ全部回ったら二時間以上かかりました。
ゆっくり回れば一日楽しめるかも。

花小金井駅まで歩いて西武線で帰りました。

 

« 高取山から大高取山へ | トップページ | 鶴寝山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高取山から大高取山へ | トップページ | 鶴寝山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ