« オッ立南尾根からお坊山 | トップページ | 満願の湯 2020 »

破風山へ

11/15は秩父へ。

2020111501

皆野駅から町営バスで秩父温泉前で下車。しばらく歩いて破風山の登山口。

2020111502

樹林の中をしばらく登っていくと再び道路に出ます。先へ進むと風戸の鏡肌という岩が。
今はあまり鏡には見えませんね。

2020111503

さらに道路を進む登山道の入口近くに休憩舎。山村の雰囲気が良い感じ。

2020111504

淡々と山道を登っていくと左に大淵登山口という所への道が分岐します。

2020111505

少し早かったようですが、色づいている木がありました。

2020111506

尾根をひたすら登っていたら、休憩舎と道標があり、見るとなんと猿岩を通過してしまっていました。
戻るほどじゃないからまあいいか。

2020111507

ちょっと先へ行けば石祠のある山頂。

2020111508

破風山は秩父盆地を一望できます。

2020111509

両神山と右には懐かしい二子山。やはり眺めるのが良い山ですね。

2020111510

先へ進んで降りていくと札立峠。いくつも道が分かれています。

2020111511

大前山を目指すと富士浅間の石碑。

2020111512

さらにさきには「ニョッキン様」。

2020111513

細い尾根で左が崖になっている所を通過しつつ、鎖場などを先へ進むと武蔵展望台と表示のある岩峰。

2020111514

さらにしばらく登れば、通過地点みたいな大前山に到着。倒木に座って昼食。

2020111515

以前、歩いた時には手前から大前集落に下ってしまったので、今回は天狗山に向かいました。
ロープが張られているので、そんなに難しくは無かったです。

2020111516

ということで山頂には天狗さまの石祠。屋根が少し壊れかけているので、そろそろ危ないかも。

2020111517

直接、大前集落への道に入りました。少し下部の樹林帯が掘れていて若干歩きにくい感じでした。

2020111518

沢沿いの道を下っていけば登山口にでますが、その手前のこの橋が滑りやすくて一番怖かったです。

2020111519

せっかくなので少し歩いて秩父華厳ノ滝。あまり水量は多くなかったようです。

2020111520

のんびり道路を歩いていきます。せっかくなので水潜寺に立ち寄ってお参り。
そのあたりのイチョウが青空とマッチしてきれいでした。

2020111521

道路を歩いていたら、こんなモミジが!

2020111522

秩父温泉前まで歩きました。

 

« オッ立南尾根からお坊山 | トップページ | 満願の湯 2020 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オッ立南尾根からお坊山 | トップページ | 満願の湯 2020 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ