« 金剛萱と大崩山 | トップページ | 川乗橋から川苔山 »

白浜城山、虚空蔵山へ

12/26は房総へ。

2020122601

千倉駅からバスで安房白浜へ。

2020122602

少し歩いて青根原神社でお参り。

2020122603

すぐ横には里見二代成義公の墓所という案内板と石碑。

2020122604

しばらく歩くと「芋井戸」。柳田国男の「日本の伝説」という本に取り上げられた井戸のようです。

2020122605

近くの太子堂に立ち寄り。聖徳太子が祀ってあるそうな。

2020122606

ちらほら水仙が咲いていました。

2020122607

静かな青木観音堂。

2020122608

観音堂の横から山に登っていきます。かなり整備してくれたようで、特に問題はなかったです。
切通しのような所を登って小さな峠みたいな所に出ます。

2020122609

さらに登っていけば、第一展望台。野島崎灯台が手に取るように眺められました。

2020122610

近くには浅間神社の台座。

2020122611

城山の山頂部は樹林で表示もないので、よく分からず、先へ下って少し歩くと第二展望台。

2020122612

こちらも良い眺め、遠くに見えるのは伊豆諸島でしょうか。

2020122613

水仙がちらほら咲く道を下ります。

2020122614

また切通し状の道を下って、やぐら入口に出ました。

2020122615

道路をしばらく歩いて虚空蔵山へ。

2020122616

めがね橋は明治21年の石橋。昭和の時代に修理したようですが、原形を保っているそうです。

2020122617

残り紅葉がちらほら。

2020122618

大きな電波塔横に虚空蔵堂がありました。

2020122619

あまり眺めはありませんが、木の合間からちらりと海岸が見えました。

2020122620

海岸通りに出て、野島崎に向かいます。釣り人が多かったです。

2020122621

厳島神社にお参りすると木造の大きな金精様が置かれていて吃驚。

2020122622

「房総半島最南端の地」の石碑が置かれていました。

食堂で「あわびラーメン」を食べて、安房白浜バス停に戻って終了でした。

 

|

« 金剛萱と大崩山 | トップページ | 川乗橋から川苔山 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金剛萱と大崩山 | トップページ | 川乗橋から川苔山 »