« 白浜城山、虚空蔵山へ | トップページ | 羽田七福いなり »

川乗橋から川苔山

12/29、今年最後の山は奥多摩へ。

2020122901

去年の台風のせいで、長く歩けなかった登山道も修復され、
バスも川乗橋へ停車するようになったので、久しぶりに登ることに。
でも、未だにバスは小型バス(24人乗り)での運行です。

2020122902

林道をしばらく歩いて登山口。さすがに暑くなってパーカーだけにしたけど、それでも暑くなりそう。

2020122903

随分、久しぶりの道なのですっかり忘れています。白木の橋がやはり新しくしてくれた感じがします。
途中の高巻き道はこんなに高かったかなという感じ、道も細く、なかなか高度感あり。
やはり途中の桟道も新しくなっているようです。整備してくれている人達に感謝。

2020122904

途中には小さな滝が見えます。

2020122905

こちらは支流の小さな滝。

2020122906

そして久しぶりの百尋ノ滝。この時期だから水量は少ないですね。
ほとんど凍っている所はないみたいです。
今年はかなり寒くなりそうだから、もしかしたら完全結氷が見られるかもしれませんね。

2020122907

登りはやっぱりきついなぁ。火打石谷も過ぎてさらに登ると足毛岩の肩への道が分かれますが、
もちろん通行止。そのうちに廃道になってしまうのかな。

2020122908

さらに登っていくと谷の中を歩きますが、冷えた空気が吹き付けて寒いこと。

2020122909

やっとのことで東の肩に登り着きました。なんか前よりさっぱりした雰囲気になっているな。

2020122910

川苔山の山頂には、やはりここにも石造りの山名柱が。

2020122911

山頂からは樹林の合間からちらりと富士山が見えました。

2020122912

ごく普通に鳩ノ巣駅へ下ります。

2020122913

舟井戸のコルあたりの樹相の雰囲気は好きなんですよね。

2020122914

どんどん下って左手に見えるのは赤杭尾根の方でしょうか。

2020122915

久しぶりの大根ノ山の神の木祠も健在。

2020122916

鳩ノ巣駅に向かうと屋根がけされたお地蔵さんが。寝ているようにも見えるけど、薄眼を開けているようにも見えます。
比較的新しい感じだけど、いつ頃のものかな。

2020122917

早い時間に鳩ノ巣駅に出て終了でした。

ということで、こんな時代ですが、まだまだ来年も頑張りたいです。
皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

 

|

« 白浜城山、虚空蔵山へ | トップページ | 羽田七福いなり »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
レポ、年内に上がりましたね。(^^)
一般登山道を歩かれるのは珍しいですよね。
登山道はきれいになっているようですが、整備してくださる方のご苦労が見えるようですね。

今年も楽しませていただきました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: はなねこ | 2020年12月31日 (木) 19時33分

はなねこさん、こんにちは。

今年も、あと数時間ですね。
いつも頑張って年末には巻き戻すようにしています。
普通の登山道を歩くのも、そんなに珍しくはないですよ。(^^Aアセアセ
ただでさえ、温暖化で災害が多いのに、このコロナの時代、観光などに携わる方はすごく大変だと思います。
本当に感謝ですね。

こちらこそ、また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: リブル | 2020年12月31日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白浜城山、虚空蔵山へ | トップページ | 羽田七福いなり »