« 不動山から雨乞山へ | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 2020 »

鉱石山、朝倉山

雪が来る前に、ということで12/12は川場へ。

2020121201

沼田駅からのバスを上界戸で下車して歩き出します。

2020121202

少し歩くと左手には社が。谷地不動様だそうです。

2020121203

しばらく道路を歩きました。以前はふじやまの湯があった場所ですが、
もう廃業して随分経つせいか建物はなく、石碑だけが残されていました。

2020121204

林道に入って登っていきます。
この山は一月に登ろうとしたら深雪で登れなかった思い出が。
あれから約九年近くの日が経っていますが、月日の経つのはやはりあっという間です。
このあたりは引き返した思い出の場所。

2020121205

さらに急傾斜の登りが続き、普段でも汗をかかされる山道、大雪の時に登れなかったのは無理もありませんでした。
登山道入口にはトイレがありました。

2020121206

しばらくはまだ林道の続き見たいな伐採地の横を登っていき、古い木板に鉱石山→の表示を見ました。

2020121207

そこからは登山道となり、谷を登っていきます。

2020121208

登っていくと森林軌道跡が出てきました。

2020121209

ようやく尾根に登り着くとぐるっと回るように登るらしく、鉱石山が見えました。

2020121210

尾根を進んでいると右手にはなかなか恰好の良い山。燧岳あたりなのかな?

2020121211

登り着いた所にはやはりトイレが。「藪山辿歴」という本にもトイレがあることが書かれていて、昭和の頃からあるもののようです。

2020121212

そこからは笹の生える尾根を下って登り返しました。

2020121213

ということでいかにもヤブ山の朝倉山。三角点があるだけです。
山名の木札はもう字は読めず、下に付けられた境界見出標に朝倉山と書かれていました。

2020121214

往路を戻って鉱石山の山頂。左は下山道、直角を指しているのは、武尊山と浅間山でした。武尊山は樹林の合間に見えたけど、浅間山は木が込み入っていてちょっと難しい感じでした。

2020121215_20201222190601

先へ進むと樹林の合間から武尊山が見えました。もう一度別なコースを歩きたいけれど、公共交通機関では難しいですね。

2020121216

しばらく歩くと1181m峰には休憩所の表示。

2020121218

下っていくと林道に出たのですが、帰りがどちらか分からない。
登山地図を信用して、写真の方ではなく、自分がいる方に下りました。

2020121219

山腹をゆっくりと下っていく道で正しいのか疑心暗鬼でしたが、なんとか舗装された道に出ました。
これが武尊牧場へ続く道と思われました。

2020121220

さらに下れば川場スキー場などへの道に出て一安心。のんびり下って上界戸に近づくと左手に見える山は雨乞山でしょうか。
ファミリー登山の山のようなので、いつかは歩きたいな。

2020121221

上界戸に着くと、すぐ近くには双対道祖神。
横にある案内板によると足踏み道祖神とあり、男の神が女の神の足を踏んでいると書かれていました。
風化しているので案内板がなければ分かりませんが、微笑ましい石仏でした。

 

« 不動山から雨乞山へ | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 2020 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不動山から雨乞山へ | トップページ | 川場温泉センターいこいの湯 2020 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ