« 羽田七福いなり | トップページ | 桃の花 »

宇都宮の鞍掛山へ

今年初の山登りは宇都宮へ。

2021010301

宇都宮からろまんちっく村行きのバスを新里町で下車。もうろまんちっく村はすぐそこのようです。

2021010302

しばらく道路を歩いていくと真ん中奥に見えるのが、鞍掛山。

2021010303

道路脇に一ノ鳥居がありました。

2021010304

だいぶ道路を歩いてようやく登山口。

2021010305

涸れた谷の横をしばらく登っていくと岩場に何やら石碑。
頭部がなくなっているようですが、うまくその上に石が置かれていました。

2021010317

少し登ると右に鞍掛山神社という表示でさらに右に行くとありました。
小滝(今は涸れていた)の左に穴があり、中に入ると丸い形の石祠などが置かれていました。

2021010307

戻って急な道を登っていくと分岐点。左の奥の院に向かいます。

2021010308

めちゃ急登。下向いて登っていたら鎖が出てきて、鎖場かと思ったら、手すりに鎖がついていました。
でも、あまりにも急なので、たまに掴んで登りました。
でも、ところどころ支柱が抜けていて、あまり頼りすぎるのは危険です。

2021010309

登り着いた所で左に行くとわずかで奥の院。石祠が置かれていました。

2021010310

戻って先に進むとすぐに古賀志山方面の道。いつかは歩いてみたいな。

2021010311

わずかで鞍掛山の山頂。ほとんど眺めがありません。

2021010312

気持ちの良い笹の尾根を先へ進みます。

2021010313

少し下ると大岩。古賀志山や宇都宮方面がよく見えました。暖かいのでここで昼食。

2021010314

反対方向は高原山かな。右は那須とかでしょうか。
左に日光連山が見えるはずですが、ガスがかかってしまったようで、この日はほとんど見えませんでした。

2021010315

急な道を下り、鞍部から右に降りていきました。登りの分岐を過ぎてどんどん下れば登山口に戻りました。

2021010316

再び道路を歩いて新里町のバス停へ。
ろまんちっく村で温泉入浴しようと思っていたのですが、次のバスまで30分待ち、さらに次だと3時間待ちです。
さすがに3時間待ちは無理だなぁと思いますし、30分では入浴はさすがに無理、ということで今回は温泉入浴は諦めて30分後のバスで宇都宮駅に戻りました。飲食店はちょっと怖いなぁということでお土産の宇都宮餃子を買って帰りました。

また緊急事態という言葉が飛び交っていますね。
しばらく山はお預けでしょうかね。。。

 

« 羽田七福いなり | トップページ | 桃の花 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

鞍掛山おつかれさまです~
公共交通機関だとなかなか行きづらい山ですよね。。。
大岩も眺めがいいですが、鞍掛山の西のシゲト山は北方面の眺めが良くておすすめです。
帰りのバスは、ろまんちっく村まで行けばもうちょっと本数あったかも知れません。

くま公さん、こんにちは。

鞍掛山は、ちょっとバス停から遠いですね。
まあ、軽い山歩きで、ちょっと歩き足りない気もしましたが。
シゲト山というのは、地形図の431m峰あたりですかね。
いつかは古賀志山まで歩いてみたいですね。

この日は正月ダイヤ、日曜日と同じだったようですよ。
なので、たぶんろまんちっく村まで行っても変わらなかったと思います。
土曜日なら二時台に一本あるから、入浴もできたのでしょうけどね。
早く緊急事態が解除されて欲しいけど、なかなか難しそうですね。。。

なるほど、正月ダイヤでしたか~
失礼しました。。。

シゲト山は、ここです。
https://maps.gsi.go.jp/#15/36.642632/139.784803/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

古賀志山はココの地図を参照です~
https://npo-mt-kogashi.jimdofree.com/%E5%8F%A4%E8%B3%80%E5%BF%97%E5%B1%B1%E5%91%A8%E8%BE%BA%E5%9C%B0%E5%9B%B3/
(載ってない道も結構ありますが・・・)

ありがとうございます。
シゲト山は鞍掛山のすぐ近くの山なんですね。残念。

古賀志山、こうやって見るとホントに行きたいですね。
主稜線の岩場はホントに恐そうですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽田七福いなり | トップページ | 桃の花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ