« 桃の花 | トップページ | 城山かたくりの里2021 »

草戸山から城山かたくりの里

3/24は久しぶりに山へ。

2021032401

高尾山口駅が歩き出し。

2021032402

梅ノ木平から山に入るとまずはユリワサビ。

2021032403

ヨゴレネコノメも。

2021032405

ヤマルリソウも見かけました。

2021032404

咲き始めのニリンソウ。一番きれいな時ですね。

2021032406
マムシグサはまだ小さめ。

2021032407

ナガバノスミレサイシンはよく咲いていました。

2021032408

展望台あたりの桜のある眺め。

2021032409

のんびり登って草戸山。

2021032410

榎窪山に向かうとヤマザクラ越しの城山湖が良い感じ。

2021032411

久しぶりの榎窪山。前はベンチの下に山名が書かれていたけど、道標が新しく立てられていました。

2021032412

少し戻って城山湖の方に向かうとヤマブキがもう咲いていました。

2021032413

城山発電所に出ると桜が満開!

2021032414

やはり桜の咲く季節は良いですね。でも、こんなに早いと4月の楽しみが無くなってしまうなぁ。

2021032415

どんどん歩いて小松城跡を過ぎていつもの分岐を右に曲がります。

2021032416

かたくりの里への直行バスは今年は運行されないみたいです。このバス停は夕方から夜のみの運行。

続く。

« 桃の花 | トップページ | 城山かたくりの里2021 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桃の花 | トップページ | 城山かたくりの里2021 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ