« 磐梯熱海温泉 湯本元湯2021 | トップページ | (竹貫)鎌倉岳へ »

岩都々古和気神社(石川(三芦)城跡)

宇津峰の後は磐城石川へ。

2021041201

磐城石川駅に着きますが、行きたい山に向かうバスが少なく、お昼前まで無いので、ちょっと散歩。

2021041202

しばらく歩くと岩都々古和気(いわつつこわけ)神社。シダレザクラがきれいです。

2021041203

石段をだいぶ登らされます。しばらく登ると天狗岩や亀石など、たくさんの奇岩が出てきてなかなか楽しいです。

2021041204

マルバスミレまで咲いていました。

2021041205

石門を通ります。

2021041206

天竜桜は桜にしては随分高い木。
そのせいかお花はだいぶ高い所にあって、すごいきれいとは言えませんが、控えめな桜もまた良い感じでした。

2021041207

本殿でお参り。

2021041208

裏手に行くとこれまた小さな社が並んでいて、奥には剣石。

2021041209

右手に行くと小屋掛けされた中に木が。高野槙とありましたが、枯れたのか切られていますね。

2021041210

でも奥にある木が高い感じ。下には石川城跡という石碑がありました。

2021041211

たくさんのお花が植えられていました。奥は土塁のようでした。

2021041212

青空の日は本当に桜がきれい。

2021041213

ピンクの桜もまた良い感じ。

2021041214

裏手に降りていくと鏡岩。
パワースポットと書かれていたので願い事をお祈りしましたが、成就するかなぁ?(^^;

2021041215

のんびり戻って終了。狛犬が怖いです。。。

 

« 磐梯熱海温泉 湯本元湯2021 | トップページ | (竹貫)鎌倉岳へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

城跡巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 磐梯熱海温泉 湯本元湯2021 | トップページ | (竹貫)鎌倉岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ