« 水無山、尾越山 | トップページ | 小野新町の桜 »

蓬田岳へ

4/10は、久しぶりの福島遠征へ。

2021041001

郡山駅からのバスを下新田で下車。しかし4月からバスが減便され、土休日の郡山への帰りのバスは20時台後半までないという酷いバス停。

2021041003

しばらく歩いて登山口。あたりには桜がよく咲いていました。

2021041004

少し登ると鳥居があって、菅船神社(菅布禰神社)の拝殿でしょうか。

2021041005

タチツボスミレは大きめ。

2021041006

ひたすら急登を登って尾根に出て、さらに右に山頂に向かいます。

2021041007

比較的緩やかだけど、少しきつい所もあります。

2021041008

登っていくと眺めの良い所に大きな祠。菅船神社ですね。

2021041009

先へ行くと電波塔があり、その先に三角点と蓬田岳の表示。岩の上にはかっこいい、おにいさん。

2021041010

眺めはなかなかよく、那須連峰やたぶん会津磐梯山、安達太良山などを見ることができました。

2021041011

岩の上に登るともっとよく見えました。

2021041012

時間調整に糠塚登山口の方に降りていきます。途中にはモスラのしっぽ石。上には観音像らしきものがありました。

2021041013

どんどん下っていきますが、糠塚登山口まで行くのは面倒になり、岩登りコースを登り返すことにします。

2021041014

上級者コースをどこかで分岐したらしいのですが、気が付かず、水場もあったらしいのですが、それも気が付かず、
沢を登っていって、離れると急登になって頑張りました。
大きな岩に出る前にロープの付いたところを通ったりしましたが、岩登りじゃないぞ。

2021041015

あっけなく行きに下った道に合流して、岩登りコース終了。
登りがきついだけで危ないような所はほとんどない感じでした。
上級者コースというのが別にあるみたいで、そちらの方が楽しかったかな。

2021041016

再び山頂に戻って眺めを楽しんで下山にかかります。

2021041017

ということで探検コースを下山。しかし入口に荒れているので責任は持てないという注意書きがあります。

2021041018

ひたすら木段の続く下り。結構足に負担がかかるし、やはり木段と木段の間の土が流されてしまっていて、
滑ったりすると転倒して頭などを打つ恐れがあるちょっと怖い道でした。
この先も超急な階段になってました。

2021041019

下っていくとジュピアランドひらたに出ました。桜と芝桜、さすがに芝桜はまだ早いですが一部咲いていました。

2021041021

下っていく道路脇にはピンクのシダレザクラがあり、きれいでした。

2021041022

バス道路に出る前に八雲神社参道入口と書かれた大きな石標があったので入ってみると、
社殿はない石祠のみの意外に質素な神社でした。

2021041024

下新田のバス停に戻りますが、もちろん帰りのバスはないので、蓬田方面に向かってしばらく歩き、
あぶくま自動車道の下を通ってさらにしばらく歩きました。蓬田郵便局のちょっと手前。

2021041023

ということで下新田から20分ほど歩いて清水内というバス停に到着。
ここで土曜日限定14時31分の小野新町行きのバスを待ちました。
果たしてきてくれるのかという不安がありましたが、きちんと来てくれて小野新町駅に出ることができました。

 

« 水無山、尾越山 | トップページ | 小野新町の桜 »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

小野新町へルート取り、いいですね~
その近くの夏井の桜が気になっていたのですが、あの辺 咲いてましたか?

桜と芝桜もいいですね
芝桜は斜面に咲いてるのが好みです(秩父の芝桜の丘とか)

くま公さん、こんにちは。

なんとか帰れないか、結構必死で調べたんですよ。(^^;
夏井には行ってませんが、小野新町の近くでは桜がよく咲いていました。

一面芝桜だときれいですね。
秩父の芝桜は何度か行きましたが、やはり人が多いので、山の後では難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水無山、尾越山 | トップページ | 小野新町の桜 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ