« 城山湖付近の桜 | トップページ | 高水三山2021春 »

焼森山、鶏足山へ

3/27は栃木へ。

2021032701

車じゃないと行くのは無理な山かと思ってましたが、この時期だけ運転してくれる、
みつまた特急バスという臨時バスに宇都宮駅から乗りました。いい里さかがわ館で下車。

2021032702

みつまた群生地行きのシャトルバスもありますが、のんびり歩いて焼森山を目指します。
途中にはタチツボスミレがよく咲いていました。

2021032703

しばらく林道を登っていくと焼森山登山口。

2021032704

しばらく尾根を登って一の越とあったけど、山頂400mの表示だったので先だと思い岩場をしばらく登ったら、眺めの良い岩。

2021032705

ここはこだま岩の表示があって、ありゃ、通り過ぎたと気が付きました。

2021032706

そんなに大変でもなく、ちょっと登れば人で密になっている焼森山の山頂に着きました。写真を撮るにも大変な人。

2021032707

みつまた群生地を目指し、山頂から直に降りる踏み跡を辿りました。人にも会ったので、結構使われている様子。

2021032708

しばらく林道を下り、協力金300円払って群生地に向かいます。

2021032709

たっぷり咲いていましたが、いかんせん、今年はやはり早かったようです。少し出遅れ気味でした。

2021032710

それでもまだ黄色が残ってますね。

2021032711

途中にはマンガン鉱の試掘をした穴があります。

2021032712

上から見てもなかなか。ぐるっと一周できるようになっていました。

2021032713

林道に戻って再び焼森山に向かうことにします。すぐ先に鳥居と雷神穴と書かれていたので行ってみると、ミヤマカタバミが咲きかけていました。

2021032714

雷神穴に登ってみましたが、こちらも採掘の試し掘りという感じでした。

2021032715

同じ道で焼森山に戻ってきました。

2021032716

しばらく歩いているとエイザンスミレが咲いていました。かなり白花に近いですね。

2021032717

下って登り返していくと三角点の山頂。実際の鶏足山は、見晴台と書かれた方にもう少し進んだ所になるようです。

2021032718

誰かが奥が筑波山だ、と話しをしていましたが、自分には分かりませんでした。

2021032719

しばらく先へアップダウンで鶏足山の山頂。山並みは低いですが、眺めの広い山頂でした。

2021032720

少し下って鶏石まで行ってみました。鶏冠に見立てたのでしょうね。

2021032721

鶏足山に戻ります。山頂には木祠となぜか賽銭箱がとっても新しい感じ。

2021032722

三角点を過ぎて下小貫分岐から下りました。緩やかな道を下っていくと町道に出て登山道終了。

Dsc_8842

再びいい里さかがわ館まで戻って、お土産のイチゴジャムを買い込み、再び特急バスで宇都宮駅に戻りました。

2021032731

ということで、たぶんナガハシスミレ。

2021032732

日本海側に多いらしいのですが、このあたりの山にもあるんですね。

 

« 城山湖付近の桜 | トップページ | 高水三山2021春 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんこんにちは、ご無沙汰でした。
わー!これはありがたい情報です。
自分には行けない山だとばかり思っていました、
わたしはまだミツマタの群生場所に一度も行ったことないんです、
なぜか毎年時期をはずしてしまって・・・
来年はこのバスの事、覚えておいて行ってみたいです。
桐生市の群生場所はミツマタの量がすごいみたいですが、
そこは完全に駅からでもタクシーでは厳しそうな距離感なので諦めていますが。

軍畑駅舎もきれいになったんですね。
日向和田駅舎もこんな感じでした、デザイン統一したんですかね~

cyu2さん、こんにちは。
ここは公共交通機関利用では難しい山ですね。
あのバスがあるからこそ計画した山です。でもやはりこんな状況ですから、そんなに乗っている人は多くなかったですね。もしかしたら、来年あたり、高速バスが動くようになると、動かしてくれるかどうか。
高速バスの方が安く行けて良いですけどね。

ミツマタはよく丹沢で見ましたが、この時期、なかなか天気が不安定なのでぴったりに合わせるのは難しいですね。自分の場合は18切符で遠出したい時期なので、余計難しいですが。(^^;

ちょこちょこ駅舎はきれいにしているようですね。でも、新しくなるとデザインが同じような雰囲気ですね。
使う人にとってはきれいな方が良いのでしょうが、たまに行く旅行者としては、昔からの雰囲気のある駅舎の方が好きだったりするんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 城山湖付近の桜 | トップページ | 高水三山2021春 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ