« 焼森山、鶏足山へ | トップページ | 水無山、尾越山 »

高水三山2021春

3/29は奥多摩へ。

2021032901

久しぶりに軍畑駅で下車。あれ、駅舎が少しリニューアルされたかな?

2021032902

民家の植栽と思われるミツバツツジももう咲いていました。

2021032903

やっぱり桜の時期は良いですね。

2021032904

平溝川に沿って歩いていくと桜がよく咲いていました。シダレザクラはこの日少し早かった模様。

2021032905

アカネスミレ? → フイリゲンジスミレ

2021032906

高源寺も桜がきれいでした。

2021032907

目の前の桜も青空に映えていました。

2021032908

山に入ればエイザンスミレが。前日は強い雨だったのでまだ濡れた感じ。

2021032909

ナガバノスミレサイシンも雨に打たれてました。

2021032910

ミヤマカタバミが結構咲き始めな感じでした。

2021032911

常福院のミツバツツジも咲き始め。

2021032912

高水山の山頂もまだ芽吹き前。

2021032913

ちょっとスミレには早かった模様。岩茸石山も平日なので比較的静かな感じ。

2021032914

惣岳山に向かいましたが、なんと左斜面が広大な伐採地に変わっていました。
これには吃驚。惣岳山の巻き道も使えなくなっていて、惣岳山に必ず登らなくてはいけなくなっています。
惣岳山の山頂直下まで伐採されていて、神社の建物が見えるくらいでした。

2021032915

以前は深い樹林の中の山頂でしたが、樹林越しに高水山や岩茸石山を見ることができるようになっていました。

2021032916

真名井天神の水場は涸れていました。

2021032917

こんな大きな木があったのですね。しめつりのご神木と古い木札に書かれておりました。

2021032918

麓近くなると、フモトスミレ。

2021032919

慈恩寺も桜でした。御嶽駅に出て帰りました。

 

« 焼森山、鶏足山へ | トップページ | 水無山、尾越山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も行ってみようと思っていたところでした。
惣岳山のあたりは、ずいぶんと伐採されてしまったんですね。
花粉を出さない杉を植林するのでしょうか。
葉っぱのきれいな赤紫色のスミレは、外来の「フイリゲンジスミレ」ですね。
ときどき見かけます。

はなねこさん、こんにちは。

今年はあっという間にお花も変わりますね。
この日は少しスミレには早かったですが、もう随分咲いて終わりかけているかもしれませんね。

確かに花粉の少ない杉が主流になったようですね。
でも、最近は伐採後にそのまま放置されている斜面も見かけますので、そうならないことを祈りたいですね。

ありがとうございます。フイリゲンジスミレですか。
白のゲンジスミレは中部地方の山で何度か山で見かけたことがありますが、フイリゲンジスミレは茜色なのですね。( ..)φメモメモ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼森山、鶏足山へ | トップページ | 水無山、尾越山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ