« 高水三山2021春 | トップページ | 蓬田岳へ »

水無山、尾越山

4/3は山梨へ。

2021040301

上和田バス停が歩き出し。

2021040302

登山道へ向かうと植栽と思われるミツバツツジがよく咲いていました。
近くにはカタクリも咲いていたけど、天気のせいか元気がありませんでした。

2021040303

前回、苦労して降りて来た登山道入口。

2021040304

踏み跡が錯綜していましたが、直上すれば良さそう。登っていくとヒトリシズカがいくつか咲いていました。

2021040305

さすがに登りがきついです。前回のお助けテープを見ます。
秋とは異なり、少し落ち葉が落ち着いたようで、分かりやすいです。登りだしね。

2021040306

くだりがきつかった所はやっぱり登りもきつい。それでも頑張れば尾根に登り着きます。
なぜかスコップが。

2021040307

大峰へ行こうかなとも思いましたが、天気今一つなのでそのまま尾越山に向かいます。
すぐに何もない水無山で一休み。

2021040308

今年初めてのダンコウバイ。

2021040309

緩やかな尾根で分かりやすく、のんびり歩いていくと大きな山が尾越山。

2021040310

たいした登りでもなく、尾越山の山頂に到着。
まだすごい早い時間でしたが、昼食にしてしまいました。

2021040311

三角点はまだきれいな感じ。

2021040312

尾根を下っていくとミツバツツジがちらほらと咲いていました。

2021040313

途中、右後ろから踏み跡のようなものが合流する感じ。

2021040314

尾根下にもミツバツツジがちらほら。

2021040315

ニオイタチツボスミレか、と鼻を近づけましたが、ただのタチツボスミレだったみたいで匂いがありませんでした。

2021040316

途中、いくつか小ピークを過ぎるのですが、現在地点がよく分からなくなってしまいました。
710mあたりなのかな。

2021040317

やがて先にピークが見えてきて、あれが672mでしょうか。

2021040318

手前に小ピークがあり、しばらく進んで結構登らされました。すると広い所に出ました。
その先はここよりも低いような気がしますが、先が672mでしょうか。

2021040319

とりあえず左に折れて下り始めるとテープもありました。どんどん下っていくと山道が続いていました。

2021040320

樹林の合間から民家が見えだすと、急斜面を小さくじぐざぐで下るようになるのですが、倒木だらけ。
結局、踏み跡を外してしまいました。適当に直降りするとかなり危ない急斜面に出てしまいます。
慎重に降りられそうな所に適当に下るとフェンス。
また扉が開けられるか心配になりましたが、問題なく開けて通れば民家の近くに出ました。
近くの民家の方でしょうか、バス停ならすぐ下にあるけど、大月に出るなら右の方が少し安くなるよと教えて頂きました。

2021040321

下に降りると上平のバス停がありましたが、残念ながら10分ほど前に行ったばかり。次は3時間後です。
ちなみに教えられた右のバス停というのは浅川入口のバス停でした。

2021040322

仕方なく、桜を見ながら猿橋駅に向かいます。

2021040323

沿道にはたくさんの桜。天気が今一つなのが残念でした。

2021040324

金龍寺の前も大きな桜。

2021040325

民家のあたりには菜の花。

2021040326

だいぶ歩いてようやく猿橋駅。駅前も桜満開でした。

« 高水三山2021春 | トップページ | 蓬田岳へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

早く降りすぎてかえって大変でしたね。
でも時期が良かったのが幸いでしたね。

さすがにちょっと短すぎましたね。
天気がもう少し良ければ、大峰を往復したのですが。
今年は本当に気温が上がるのが早いですね。
しっかり汗をかかされましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高水三山2021春 | トップページ | 蓬田岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ