« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

小宮駅から日野駅散歩

4/24は散歩へ。

2021042401

八高線の小宮駅が歩き出し。
広い道路に出るとうなぎ屋さんがあって、開店時間直前だったようですが並んでいるお客さんが結構いて吃驚。有名なお店なのかな?

2021042402

少し行き過ぎてしまったけど、戻って東福寺でお参り。浅利彦兵衛という笛の名手が主君の北条氏照の笛を預かっていたところ、誤って折ってしまったところ、この観音に祈ったところ元に戻ったというところから別名「笛継観音」と言われているそうです。
60年に一度の御開帳だそうなので、見るのはほとんど無理ですね。

2021042403

しばらく歩いて諏訪大地主神社でお参り。

2021042404

谷地川に出て、川沿いに歩きます。植栽かお花がそれなりに咲いていました。

2021042405

谷地川緑地に入ってさらに少し丘陵の雰囲気の所に向かい、しばらく登った所に静かな御嶽神社。

2021042406

そのまま丘陵の道を辿るつもりでしたが、道が分からず、一旦下って回り道で久保山公園へ。広い芝生が良い感じ。

2021042407

公園は上の方まで続いていて、意外に広い公園です。奥は樹林に包まれていました。

2021042408

住宅地の中をしばらく歩き、降りていくと大蔵院。

2021042409

左の住宅地の所に大イチョウ。八王子市指定の天然記念物で、案内板によると文政6年(1823)に書かれた「武蔵名勝図絵」にも記載があり、推定樹齢500年だそうです。

2021042410

しばらく歩いて多摩川に出ます。やはり流れが広いですね。

2021042411

そのまま多摩川沿いを歩いていきます。奥多摩の山や奥武蔵の山などを見ることができました。

2021042412

かなり歩いて東光寺安産薬師。東光寺は平安時代に日野氏が建立した寺院。その後、廃絶したようです。
薬師堂はかなり古い建物で案内板によると嘉永6年(1853)に再建されたもののようで、中には薬師如来坐像があるようです。

2021042413

見落としたので、少し戻って探すと東光寺大橋の碑(右側)がありました。このあたり八王子と日野市を結ぶ東光寺道と言われていたそうです。
今は現存しない石橋の架橋を記念して弘化3年(1846)に建立されたものだそうな。左側は大正時代の東光寺大坂の碑だそうです。

2021042414

薬師堂の先へ行くと小さな用水路があり、水路沿いを歩けるようになっていました。

2021042415

そのうちに歩けなくなったので、道路を適当に進むと見つけた日野宮神社でお参り。

2021042416

適当に歩いていけば、日野駅に出て終了でした。

 

| | コメント (0)

からかさ岩から本社ヶ丸

GW前の古い話ですが、本社ヶ丸へ。

2021042301

平日のみ午前中にある宝鉱山行きのバスに乗りました。自分以外にお一人女性の登山者がいました。随分久しぶりのバス停。

2021042302

あたりはちょうど新緑にぴったり。尾根に入ると本当にきれいでした。

2021042303

踏み跡はしっかりしていてきついけど問題なく登っていけます。二つ目の鉄塔あたりは少し開けていました。

2021042304

タチツボスミレは随分色が薄い感じ。

2021042305

細かいアップダウンで進むとまた急登。振り返るといい感じ。

2021042306

登って下って先へ進みます。途中、久しぶりにスズタケがちょっと出てきました。枯れてますけどね。

2021042307

ひたすら急登をこなして登っていきます。ミツバツツジが出てきました。

2021042308

なかなか出てこないのでもしかしたら見落としたかなと思ったら、少し広めの場所に出て、ようやくからかさ岩。
以前に撮られた写真と比較すると少し岩が削れたりしているみたいですね。
今は近くに案内板などはまったくありませんでした。

2021042309

さらに登っていくとマメザクラがちらほら。

2021042310

それにしてもかなり登らされて足も疲れてきました。そろそろ稜線が近いかな。

2021042311

最後の登りもきつく、やっとのことで稜線の道に出ることができました。

2021042312

本社ヶ丸までは近いと思ったら、意外にアップダウンがあって、これまたそれなりに歩かされました。
富士山がきれいだったからいいか。

2021042313

霞は仕方ないところですが、南アルプス、この写真では写ってないけれど、北アルプスのどこかの山も見ることができました。

2021042314

山頂でのんびりしていたらヒオドシチョウが近くで休んでいたので、しばらく待って開いた所を狙いました。

2021042315

さて、宝越えに向かうことにします。同じバスだった方だと思いますが、この日あったのはその女性だけでした。
途中にはエイザンスミレを見つけました。

2021042316

稜線はまだ冬枯れの状態。誰もいない静かな稜線をのんびり進みます。

2021042317

角研山の登りはやはり少しきつかったです。今回はもう少し進んで久しぶりに宝越えから下ることにしました。

2021042318

細い道のトラバースがしばらく続いたのち、どんどん下っていきます。新緑の森に戻ってきました。

2021042319

船橋沢に出るあたりはかなり荒れていて、慎重に下る必要がありました。
その上、沢横を進むところも道が判然せず、なんとなくで進むしかない所もありました。
二度くらい飛び石等で渡渉して、林道に出れば特に問題はなくなりました。

2021042320

せっかくなので笹一酒造に立ち寄り。新酒まつり以外で立ち寄ったのは初めてだなぁ。
しっかり日本酒を買い込みました。

2021042321

ということで笹子駅に出て終了でした。

 

| | コメント (2)

新緑の景信山から高尾山

だいぶ時間が経ってしまいましたが、4/18は高尾へ。

2021041802

小仏バス停から歩き出し、景信山へのコースに入ります。

2021041803

チゴユリが咲きだしていました。

2021041804

登っていくと新緑がとてもきれいで、青空とマッチして素晴らしい森でした。

2021041805

景信山直前あたりからは丹沢の山々が一望できました。

2021041806

ニオイタチツボかと思いましたが、嗅いでみたけど匂いがありませんでした。

2021041807

ということで景信山。今日は外のベンチが人気でした。

2021041808

小屋の裏手からの富士山もきれいでした。

2021041809

降りていくと小仏峠は静かな感じ。

2021041810

城山の山頂からも富士がまだきれいでした。

2021041811

ヒトリシズカは咲き残りの感じ。

2021041812

マルバスミレも咲き残りを見つけました。

2021041813

イカリソウもありました。

2021041814

なんとヤマルリソウが残っていたのには吃驚。

2021041815

高尾山の山頂にはオリンピックの置物が。

2021041816

付近も新緑で良い雰囲気でした。

2021041817

一号路を下ります。シャガがよく咲いていました。

2021041818

高尾山口には向かわず、金毘羅台へ。久しぶりにここからの眺めを楽しみました。

2021041819

高尾駅に出て終了でした。

 

| | コメント (2)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »