« からかさ岩から本社ヶ丸 | トップページ | 幻境の碑へ »

小宮駅から日野駅散歩

4/24は散歩へ。

2021042401

八高線の小宮駅が歩き出し。
広い道路に出るとうなぎ屋さんがあって、開店時間直前だったようですが並んでいるお客さんが結構いて吃驚。有名なお店なのかな?

2021042402

少し行き過ぎてしまったけど、戻って東福寺でお参り。浅利彦兵衛という笛の名手が主君の北条氏照の笛を預かっていたところ、誤って折ってしまったところ、この観音に祈ったところ元に戻ったというところから別名「笛継観音」と言われているそうです。
60年に一度の御開帳だそうなので、見るのはほとんど無理ですね。

2021042403

しばらく歩いて諏訪大地主神社でお参り。

2021042404

谷地川に出て、川沿いに歩きます。植栽かお花がそれなりに咲いていました。

2021042405

谷地川緑地に入ってさらに少し丘陵の雰囲気の所に向かい、しばらく登った所に静かな御嶽神社。

2021042406

そのまま丘陵の道を辿るつもりでしたが、道が分からず、一旦下って回り道で久保山公園へ。広い芝生が良い感じ。

2021042407

公園は上の方まで続いていて、意外に広い公園です。奥は樹林に包まれていました。

2021042408

住宅地の中をしばらく歩き、降りていくと大蔵院。

2021042409

左の住宅地の所に大イチョウ。八王子市指定の天然記念物で、案内板によると文政6年(1823)に書かれた「武蔵名勝図絵」にも記載があり、推定樹齢500年だそうです。

2021042410

しばらく歩いて多摩川に出ます。やはり流れが広いですね。

2021042411

そのまま多摩川沿いを歩いていきます。奥多摩の山や奥武蔵の山などを見ることができました。

2021042412

かなり歩いて東光寺安産薬師。東光寺は平安時代に日野氏が建立した寺院。その後、廃絶したようです。
薬師堂はかなり古い建物で案内板によると嘉永6年(1853)に再建されたもののようで、中には薬師如来坐像があるようです。

2021042413

見落としたので、少し戻って探すと東光寺大橋の碑(右側)がありました。このあたり八王子と日野市を結ぶ東光寺道と言われていたそうです。
今は現存しない石橋の架橋を記念して弘化3年(1846)に建立されたものだそうな。左側は大正時代の東光寺大坂の碑だそうです。

2021042414

薬師堂の先へ行くと小さな用水路があり、水路沿いを歩けるようになっていました。

2021042415

そのうちに歩けなくなったので、道路を適当に進むと見つけた日野宮神社でお参り。

2021042416

適当に歩いていけば、日野駅に出て終了でした。

 

« からかさ岩から本社ヶ丸 | トップページ | 幻境の碑へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« からかさ岩から本社ヶ丸 | トップページ | 幻境の碑へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ