« (竹貫)鎌倉岳へ | トップページ | からかさ岩から本社ヶ丸 »

新緑の景信山から高尾山

だいぶ時間が経ってしまいましたが、4/18は高尾へ。

2021041802

小仏バス停から歩き出し、景信山へのコースに入ります。

2021041803

チゴユリが咲きだしていました。

2021041804

登っていくと新緑がとてもきれいで、青空とマッチして素晴らしい森でした。

2021041805

景信山直前あたりからは丹沢の山々が一望できました。

2021041806

ニオイタチツボかと思いましたが、嗅いでみたけど匂いがありませんでした。

2021041807

ということで景信山。今日は外のベンチが人気でした。

2021041808

小屋の裏手からの富士山もきれいでした。

2021041809

降りていくと小仏峠は静かな感じ。

2021041810

城山の山頂からも富士がまだきれいでした。

2021041811

ヒトリシズカは咲き残りの感じ。

2021041812

マルバスミレも咲き残りを見つけました。

2021041813

イカリソウもありました。

2021041814

なんとヤマルリソウが残っていたのには吃驚。

2021041815

高尾山の山頂にはオリンピックの置物が。

2021041816

付近も新緑で良い雰囲気でした。

2021041817

一号路を下ります。シャガがよく咲いていました。

2021041818

高尾山口には向かわず、金毘羅台へ。久しぶりにここからの眺めを楽しみました。

2021041819

高尾駅に出て終了でした。

 

« (竹貫)鎌倉岳へ | トップページ | からかさ岩から本社ヶ丸 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん お久しぶりです。
変わらず山を歩いておられるようで、うれしく思います(この日は箱根外輪山を歩いてました)
マルバスミレやヤマルリソウがきれいですね。私も最近、観たような……

南アルプス南部の山小屋は、2季連続閉鎖のようで、かなり残念な気分です。まあ寝具や食料を担いで歩いた昭和のころに戻ったと思えば良いのですが、そこまでの元気はなくて(><)
繰り言ばかりじゃしょうがないので、人生最後の飯豊に行ってみようかなと思案中です。
夏山はどうされるのですか?

ねもさん、こんにちは。
ここ最近は歩いてはいるものの、緊急事態のために丘陵は別にして、山には行ってません。
そろそろ解除が近いと思ったら、また増えたりしているのでどうなるか分かりませんが。

夏山は今のところまったく予定が立っていないです。
南アルプス南部はまた入れない山々なのですね。
飯豊の夏は暑さがきついですね。体力の落ちた今の体では、あの暑さに耐えきれそうにないです。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (竹貫)鎌倉岳へ | トップページ | からかさ岩から本社ヶ丸 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ