« 新緑の景信山から高尾山 | トップページ | 小宮駅から日野駅散歩 »

からかさ岩から本社ヶ丸

GW前の古い話ですが、本社ヶ丸へ。

2021042301

平日のみ午前中にある宝鉱山行きのバスに乗りました。自分以外にお一人女性の登山者がいました。随分久しぶりのバス停。

2021042302

あたりはちょうど新緑にぴったり。尾根に入ると本当にきれいでした。

2021042303

踏み跡はしっかりしていてきついけど問題なく登っていけます。二つ目の鉄塔あたりは少し開けていました。

2021042304

タチツボスミレは随分色が薄い感じ。

2021042305

細かいアップダウンで進むとまた急登。振り返るといい感じ。

2021042306

登って下って先へ進みます。途中、久しぶりにスズタケがちょっと出てきました。枯れてますけどね。

2021042307

ひたすら急登をこなして登っていきます。ミツバツツジが出てきました。

2021042308

なかなか出てこないのでもしかしたら見落としたかなと思ったら、少し広めの場所に出て、ようやくからかさ岩。
以前に撮られた写真と比較すると少し岩が削れたりしているみたいですね。
今は近くに案内板などはまったくありませんでした。

2021042309

さらに登っていくとマメザクラがちらほら。

2021042310

それにしてもかなり登らされて足も疲れてきました。そろそろ稜線が近いかな。

2021042311

最後の登りもきつく、やっとのことで稜線の道に出ることができました。

2021042312

本社ヶ丸までは近いと思ったら、意外にアップダウンがあって、これまたそれなりに歩かされました。
富士山がきれいだったからいいか。

2021042313

霞は仕方ないところですが、南アルプス、この写真では写ってないけれど、北アルプスのどこかの山も見ることができました。

2021042314

山頂でのんびりしていたらヒオドシチョウが近くで休んでいたので、しばらく待って開いた所を狙いました。

2021042315

さて、宝越えに向かうことにします。同じバスだった方だと思いますが、この日あったのはその女性だけでした。
途中にはエイザンスミレを見つけました。

2021042316

稜線はまだ冬枯れの状態。誰もいない静かな稜線をのんびり進みます。

2021042317

角研山の登りはやはり少しきつかったです。今回はもう少し進んで久しぶりに宝越えから下ることにしました。

2021042318

細い道のトラバースがしばらく続いたのち、どんどん下っていきます。新緑の森に戻ってきました。

2021042319

船橋沢に出るあたりはかなり荒れていて、慎重に下る必要がありました。
その上、沢横を進むところも道が判然せず、なんとなくで進むしかない所もありました。
二度くらい飛び石等で渡渉して、林道に出れば特に問題はなくなりました。

2021042320

せっかくなので笹一酒造に立ち寄り。新酒まつり以外で立ち寄ったのは初めてだなぁ。
しっかり日本酒を買い込みました。

2021042321

ということで笹子駅に出て終了でした。

 

« 新緑の景信山から高尾山 | トップページ | 小宮駅から日野駅散歩 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
早くも梅雨のようなお天気ですね。
自粛期間中で遠出はできず、お天気は気にしないでもいいようなものですが
晴れればやはり気持ちがいいです。
笹一酒造は、見た目は閑散とした様子で、今はお店はどこも大変なのでしょうね。
スミレはたくさん咲いていたでしょうか。

はなねこさん、こんにちは。

今年は季節がずれている感じですね。
普通なら4月は花曇りの事が多いはずなのに、なにか初夏のような青空が広がっている事が多かったですが、そのせいかGW以降は雨が降ったり、急に晴れたり、変な天気が続きますね。

東京はまた延長の話が出てますね。いつになったら、まともに山に行けるようになるのでしょうか。ワクチンをみなさん打った状態にならないとだめなんですかね。。。

さすがに平日ということもありましたし、隣に喫茶のような所があるのですが、そちらに入る人を見かけたくらいで、他に人はいなかったようです。

スミレは本文で紹介したくらいで、あまり見かけませんでした。このあたりの稜線は標高高いですし、まだ冬枯れでしたから、わずかに早かったのかなという感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新緑の景信山から高尾山 | トップページ | 小宮駅から日野駅散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ