« 八王子の神社と美術館巡り | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘から巨樹と一等三角点を訪ねる »

絹の道を歩く

6/12は絹の道へ。

2021061201

すっかり八王子づいている最近。この日は八王子駅からバスに乗って自然公園前で下車。

2021061202

多摩養育園に立ち寄ったけれど、石碑などはどこにあるのか分からず、敷地内に立ち入るのは遠慮して道路をしばらく歩きました。
だいぶ歩いて久しぶりの小泉家屋敷。

2021061203

ちょっと歩くと永泉寺というお寺。鑓水商人と関係が深いらしいです。

2021061204

古い句碑がいくつもあります。

2021061205

芭蕉堂があります。芭蕉の句碑もあるそうです。

2021061206

このお寺は、ちょっとミステリアスな雰囲気。

2021061207

日差しが暑いです。歩いていくと古い道標があります。

2021061208

ネジバナを久しぶりに見かけました。

2021061209

絹の道資料館に立ち寄りました。

2021061210

ちょっと急な道を登り、山道に入って進んでいくと絹の道の石碑。

2021061211

相変わらず道了堂は静かな場所。三角点がひっそりと置かれています。

2021061212

しばらく住宅地を歩いて右上に登る階段があったのでそれに入ったのですが、山の中を歩いていく道になって適当に歩きました。
そのうちにどこ歩いているか分からなくなって学校の横に出て、さらにいろいろ歩いてようやく車が通る道に出たら、
そこは下田バス停でした。後で地図みたら、階段登っちゃいけなかったようでした。

2021061213

戻って歩くと中山バス停の近くに永昌院というお寺があり、そちらでお参り。

2021061214

さらに進むと白山神社がありますが、階段がきついこと。ちなみにこの写真はすでにしばらく登ったところの鳥居。

2021061215

鳥居くぐってもなが~い石段が続きます。

2021061216

やっとのことで本殿。右には舞台もありました。由緒ある神社のようです。
案内板によると平安時代にすでに武蔵坊弁慶の血縁である弁智が法華経を奉納した七社の中の一社であると伝えられているそうです。
高台にあるせいと木に囲まれているため、ここだけ風が涼しく、空気が違いました。

2021061217

再び中山バス停に戻り、八王子駅に戻りました。

 

« 八王子の神社と美術館巡り | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘から巨樹と一等三角点を訪ねる »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八王子の神社と美術館巡り | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘から巨樹と一等三角点を訪ねる »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ