« 大戸から七国峠、相原へ | トップページ | 野川公園からはけの道 »

霞丘陵へ

5/15は青梅へ。

2021051501

久しぶりにフィルム時代のオールド単焦点レンズを何本か持って東青梅駅へ。

2021051502

まずは六万薬師でお参り。

2021051503

しばらく歩いて、吹上しょうぶ公園。花菖蒲は六月がメインですが、もしかしたらと思って入って見ます。
もちろんこの時は無料でした。

2021051504

するともう咲いている花菖蒲がありました!

2021051505

黄色もいくつか咲いてました。

2021051506

またしばらく歩いて塩船観音寺。ツツジの頃しか来たことがありませんが、もう終わっていて比較的静かな感じでした。

2021051507

なかなかの大きな木も。塩船観音の大スギと解説があり、左右にあるそうです。
写真は左側しか撮らなかった。。。(T_T)
幹周5.7mだそうです。

2021051508

お参りしてから登っていきます。やはりツツジが終わった後で一面の緑でした。

2021051509

平和観音像だそうです。観音様のお力で、はやくコロナが終息して欲しいですね。

2021051510

裏手へ行けば霞丘陵ハイキングコースです。

2021051511

この色のコアジサイ、好きなんですよね。咲き始めで青い色がとってもきれい。

2021051512

このあたりは公園になっていて、いろいろ道があるようですが、そのまま岩蔵温泉の方に向かいます。

2021051513

ここだけ見ると青梅にいるとは思えない雰囲気。

2021051514

舗装された広い道が歩きやすいです。

2021051515

途中で左に入ったら下に広い運動場が。向こうには奥多摩や奥武蔵の山々が並んでいました。
山行きたい!って、ここもハイキングコースだっけ。(^^;

2021051516

下っていくと道路に出て、笹仁田峠から登り返し。

2021051517

しっかり山道をしばらく歩くと久しぶりの七国広場。木に腰を下ろして少し休憩。

2021051518

分岐に来ると人がいて、さきほどカモシカを見たと話をしていました。このあたりでもいるんですね。

2021051519

ひたすら歩いていくと岩蔵鉱泉。奥は湯之権現。昔からの湯治場ですね。目の前は温泉宿です。

2021051520

バス停に出たけれど、バスは一時間待ち。
「(バスが)無いのなら、歩いてしまえバス道路。」

2021051521

少し先へ道路を進み、左に折れて、ひたすら道路を歩きました。随分歩いて、行きに通った笹仁田峠に戻りました。

2021051522

往路を戻って再び塩船観音寺。

2021051523

東青梅駅に戻って、終了でした。

 

« 大戸から七国峠、相原へ | トップページ | 野川公園からはけの道 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大戸から七国峠、相原へ | トップページ | 野川公園からはけの道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ