« 小宮駅から日野駅散歩 | トップページ | 大戸から七国峠、相原へ »

幻境の碑へ

5/4は八王子へ。

2021050401

八王子からのバスを終点の上川霊園で下車して歩き出し。

2021050402

少しバス道路を戻って、田守神社でお参り。

2021050403

少し歩いて右に折れると熊野・八雲神社でお参り。

2021050404

わずかに戻って奥へ行くと「一隅を照らす」と書かれた石碑。

2021050405

草の生えた道を登ったら、三光院の本堂跡。

2021050406

草の道を下って現在の三光院。なかなか立派な寺院。

2021050407

川口川に沿って道路をしばらく歩くと幻境の碑。北村透谷の三日幻境のゆかりの地のようです。

2021050408

またしばらく歩いてゴルフ場に向かう道の途中に香徳地蔵尊。大きなお地蔵さんですね。

2021050409

近くに熊野神社があったので行ってみました。山の中にひっそりと祠があるだけの神社でした。

2021050410

円福寺を見ましたが、立ち寄りませんでした。

2021050411

またしばらく歩いて子育地蔵尊。

2021050412

春日神社と思われますが、草ぼうぼう。

2021050413

ちょっと迷ったけど、鳥栖観音堂でお参り。

2021050414

下ると大きな長福寺。

2021050415

八幡神社とありました。奥の山の中に小さな社がありました。

2021050416

さらにしばらく歩いて安養寺。

2021050417

困民党の塩野倉之助の碑がありました。

2021050418

ひたすら川沿いを歩きました。

2021050419

随分歩いて清水公園。キンランの咲き残りを見つけました。

2021050420

なかなか広い公園でした。

2021050421

新清水橋バス停に出て、八王子に戻りました。

 

 

« 小宮駅から日野駅散歩 | トップページ | 大戸から七国峠、相原へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小宮駅から日野駅散歩 | トップページ | 大戸から七国峠、相原へ »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ